la kagu

春夏おしゃれをアップデートする、6つのコーディネートテク。

特集

Promotion

食やカルチャーで注目を集める神楽坂。駅から徒歩1分の場所に位置するla kagu(ラカグ)は、ファッション、雑貨、家具に加えてカフェも併設し、この界隈に“新しい何か”を発見しにくる好奇心旺盛な大人たちでつねに賑わっている。
なかでも、海外からのセレクト物やドメスティック、ラカグオリジナルから別注品まで幅広く扱うファッション・アイテムはトレンドだけでない独自の視点で永く愛用できると、多くの女性たちから高く支持されてきた。

そんなラカグが提案する今春の装いのポイントは、“個性をプラス”。
トレンチコートのインナーにイエローのチャイナジャケット。手元には日常づかいしたい大きめのカゴバッグを。いつものワードローブに加えることで新しい自分が完成する。

1.まさかの3枚? “白”を重ねることで新鮮な立体感を遊ぶ。

04_072.jpg

白シャツを3枚重ね(!)。インナーのボウタイシャツはマディソンブルーの別注。片襟を立てて、立体的に着こなすのがお薦め。袖の長さが異なるシャツを重ねることで、清楚でありながら“新しい白”の楽しみ方が完成する。たとえばワイドパンツにヒールなどボトムスにボリュームをもたせて。よりボリュームたっぷりのコーディネートに仕上げるのもいまっぽい。一番上に重ねたシャツドレス¥47,520、シャツ¥43,200/ともにサルヴァトーレ ピッコロ×ラカグ 別注ボウタイシャツ¥48,600/マディソンブルー×ラカグ(以上ラカグ)
 

2.ワイドパンツに合わせるトップは、チャイナジャケットが気分!

06_061.jpg

いつもセレクトするのは決まった色という人に挑戦してほしいのが色鮮やかなチャイナジャケット。白Tシャツとチノのワイドパンツというありきたりなコーデも、こんなジャケットを羽織ればエスニックかつモードな印象に変えることができる。もともと手づくりバッグとTシャツのリメイクからスタートしたドメスティックブランド「ダリア」のジャケットは、光沢のある紫が甘すぎないスタイルを完成させる。また、大きめのカゴバッグはひとつは欲しいアイテム。ヴァカンスルックではなく日常に遊びを入れるときにぴったり。白の太めの持ち手がガーリーな印象。チャイナジャケット¥42,120/ダリア×ラカグ、メンズコットンTシャツ¥9,720、ワイドチノパンツ¥28,080/ともにラカグ オリジナル カゴバッグ¥16,200/マリア ラ ローザ(以上ラカグ) シューズ/スタイリスト私物

3.インパクトあるガウンを羽織り、一気に個性を解き放つ。

02_096.jpg

肌ざわりのよいガウンは、日本のリメイクブランド「レ・ブリカ・ブラック」のクチュールライン「マトリョーシカ」のもの。カラフルで、見ているだけでワクワクする“大人可愛い”こんなガウンを上着のラインナップに加えてみては。丁寧にパイピングが施され、サイドにはビッグポケットもあり、さっと羽織るにも最適。ストライプのネイビーのパンツと合わせて全体のコーデをマスキュリンにまとめて。プリントロングシャツワンピ¥73,440/マトリョーシカ×ラカグ リネンストライプスリットパンツ¥29,160/オリジナル Tシャツ¥7,344/オーラリー(以上ラカグ)

≫ベーシックこそ敵! 今春はいままでにない色をプラスして。

 

---page---

4.トレンドのドット柄はエフェートレスに、レイヤードして楽しむ。

04_1.jpg

シャツ職人として有名なサルヴァトーレ ピッコロとラカグがタッグを組んで完成したキュートなシャツワンピースは、サイドにスリットの入ったデザインとドット柄が一枚で、さらりと着ても美しい。さらにインナーとして加えたいのは、ストライプのブラウス。ちら見えすることで、より存在感が際立つ。着こなす際は少し襟をぬくのがポイント。赤のシューズでアクセントをつければ春らしい大人スタイルが完成。シャツドレスストライプ¥49,680/サルヴァトーレ ピッコロ×ラカグ、バッグリボンブラウス¥24,840/ラカグ オリジナル、タック入りパンツ¥37,800/エリン(以上ラカグ) シューズ/スタイリスト私物

5.インナーに加えるイエローで、新しい春を表現したい。

07_050.jpg

この春挑戦したいチャイナジャケットは、ベーシックなAラインのトレンチコートのインナーに忍ばせて。今季トレンドカラーのイエローのアイテムもこんなチャイナジャケットをセレクトして個性をアピールしたい。着丈が長めのストライプのシャツワンピースと短めのジャケットのバランスも絶妙にマッチ。春らしい色でまとめたら足元は黒のショートブーツで引き締めて。コットンオーバーコート¥52,920/ラカグ オリジナル、ジャケット¥42,120/ダリア×ラカグ、ストライププルオーバーシャツ¥34,560/マーカウェア×ラカグ(以上ラカグ)シューズ/スタイリスト私物

6.注目デザイナーのアイテムは、セットアップで大胆に。

01_056.jpg

この春注目したいのが、フランス人デザイナーのピエール=ルイ・マシア。イラストレーターでもある彼らしい独特なプリントはインパクトを与えながらも上質な大人の雰囲気が漂う。一見派手と思いがちだが落ち着いた色味なので取り入れやすい。インナーにはあえて襟付きの白シャツを合わせることでカジュアルすぎないスタイルに。ただし、足元はサンダルで抜け感を。ピエール=ルイ・マシアの服は同柄のショールもあり、頭にターバンとして巻くなど、着こなしの幅も広がる。ロングガウン¥111,240、パンツ¥39,960/ともにピエール=ルイ・マシア シャツ¥73,440/ジュリア ジェンツ(以上ラカグ) サンダル¥73,440/ロシャス

01_030.jpg

モロッコや韓国をはじめ世界中から集めたユニークなインテリア雑貨やクリエイターが選ぶこれぞ! という逸品、さらに月ごとに変化するギャラリースペースではカルチャーも存分に楽しむことができるラカグ。

店内に並ぶ衣類は色、素材、柄など、普遍的に長く着続けられるモノがテーマとあって、ライフスタイルをとことん楽しみたい、そんな大人のワクワクがつまった店といえる。

トレンドを追いかける楽しさも大事だが、いくつになっても自由にファッションを楽しめる女性でいたい。ベーシックになりがちな大人のファッションこそ、まだまだ遊びが必要なのだ。

●問い合わせ先:ラカグ
Tel : 03-5227-6977 
www.lakagu.com

 

photos : TARO HIRAYAMA, stylisme : ARISA TABATA, coiffure et maquillage : RYOKI SHIMONAGATA

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。