建築美も見逃せない、ボッテガ・ヴェネタの旗艦店。

ニュース

ホリデーシーズンを前に、盛り上がりを見せる銀座に、ボッテガ・ヴェネタは、2018年12月8日(土)、アジアで最大のボッテガ・ヴェネタのブティックとなる、フラッグシップをグランドオープン!

181207-2.jpg

象徴的なイントレチャートがパネルであしらわれた、美しく唯一無二のファサード。

銀座5丁目に登場する、銀座フラッグシップの外観は、東京の未来的な感性やモダニズム建築にインスピレーションを得た、洗練されたスタイル。”ルナ”仕上げが施されたシルバーの四角いメタルパネルを900枚以上合わせて作られたファサードは、ブランドを代表するイントレチャートの編み込みを模したものだ。シックなインテリアは、1960年代にライト&スペースという芸術活動の流れを作った、空間形成に置いて、光と幾何学的なフォルムをコンセプチュアルな形で用いる手法を模索したアーティストたちからインスピレーションを得た。素材には日本とイタリアの両方の伝統を取り入れた漆喰や、木目の美しいオーク材、江戸時代後期に建築で使われていた日本産の安山岩の一種である鉄平石、イタリア産の大理石など、多くの高級素材が用いられているのも特徴だ。

フラッグシップだけに、ウィメンズおよびメンズのレディ・トゥ・ウェア、ハンドバッグ、レザーグッズ、ラゲージ、アイウェア、シューズ、フレグランス、ジュエリー、そしてホーム&ファニチャーの各コレクションを網羅し、5階には、アポイントメント制のプライベートフロアも。各フロアには、ボッテガ・ヴェネタのホームコレクションに加え、イタリアを代表するアイコニックな調度品として、ジオ・ポンティが手がけたチェアやジャンフランコ・フラッティーニがデザインしたアームチェア「Sesann」などもディスプレイに彩りを添え、最高にリュクスでリラックス感の漂う、心地よい空間を演出している。オープンを記念して、印象的なイントレチャートの小物類も先行販売するので、ぜひブティックに足を運んでみて。

ボッテガ・ヴェネタ 銀座フラッグシップ
東京都中央区銀座5-6-1
tel:03-6280-6612
営)11:00~20:00
不定休

texte:NATSUKO KADOKURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。