アルルナータで、牛首紬の新たな魅力を知る。

ニュース

エルメスをはじめ、国内外のラグジュアリーメゾンで約16年にわたり服作りに携わってきた寺西俊輔が、2018年に立ち上げたアルルナータは、日本伝統産業の持続可能性を追求するプロジェクト。石川県・白山工房の牛首紬(うしくびつむぎ)などとのコラボレーションでデザインしたオリジナルの反物を使い、コレクションを発表している。

200923-arlnata-t.jpg

トレンチコート 仕立て代 ¥385,000+反物代(メンズ・レディース展開/写真は衿とカフスと右胸に螺鈿織を施したバージョン。通常は仕立て代 ¥ 220,000反物代)

そのアルルナータが、今回、日本三大紬のひとつである牛首紬本来の価値や意義を顧客とより深く共有するべく、新しいオーダーシステムをスタート。今回は9月23日~29日に伊勢丹新宿店で行われるポップアップショップ期間中に、オーダーを受け付ける(*1)。きものを仕立てる時と同様に、反物を顧客と一緒に吟味するところから始まり、洋服の仕立てを希望する場合は、サンプルデザインの中からアイテムを選び、購入した反物を使用したオリジナルアイテム(レディス4型、メンズ3型)が仕立てられるというもの。

200918-arlnata-02.jpg

クラシックシャツ 仕立て代 ¥110,000+反物代(メンズ・レディース展開/写真は衿とカフスに螺鈿織を施したバージョン。通常は ¥44,000+反物代)

アルルナータのデビュー以来、人気のメンズ・レディスのコートは、一反から1着のみ。メンズ・レディスともに用意されたシャツなど、コート以外のアイテムは一反で2アイテムを仕立てることができる(*2)。もちろん、牛首紬の反物販売は、反物単体として従来の着物としての仕立てにも対応するので、この機会に、とっておきの牛首紬とそこから生まれるコレクションをチェックしに出かけてみては?

*1…反物からのオーダー受付は27日まで。
*2…用尺の都合上、不可能な組み合わせもあり。

---fadeinpager---

200918-arlnata-03.jpg

メンズトレンチコート 仕立て代 ¥385,000+反物代(写真は衿とカフスに螺鈿織を施したバージョン。通常は仕立て代 ¥ 220,000+反物代)

---fadeinpager---

200918-arlnata-04.jpg

アルルナータの服は、襟裏やカフスなどのディテールも美しい。こちらはメンズコートのカフス部分。

---fadeinpager---

200918-arlnata-05.jpg

シャツコート 仕立て代 ¥154,000+反物代(メンズ・レディース展開/写真は衿とカフスに螺鈿織を施したバージョン。通常は ¥77,000+反物代)

---fadeinpager---

200918-arlnata-06.jpg

今回の伊勢丹でのイベントに出展予定の牛首紬の反物。きものでも洋服でも美しい仕上がりが予想できる反物は、眺めるだけでも夢が広がるけど、この機会に、ぜひ実物を手にとってみてほしい。反物単体価格 ¥308,000~

アルルナータ × 牛首紬 SPECIAL COLLECTION  in ISETAN 2020
期間:9/23(水)、24(木)、26(土)~29(火)
*9/25(金)は、イベント開催のため休業。
会場:伊勢丹新宿店 本館7階呉服(東京都新宿区新宿3-14-1)
営)10時~20時

アルルナータ
tel :072-886-9216
https://arlnata.com/index.html

texte : NATSUKO KADOKURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。