青山通りで、衣食住をつなぐポップアップイベント!

ニュース

アパレル会社のワールドは、10月14日から、ワールド北青山ビル1階で、クリエイターとユーザーをつなぐポップアップ型イベント「246st. MARKET(ニイヨンロク ストリート マーケット)」を開催。

201012_image.jpg

この「246 ストリートマーケット」は、ワールドが昨年から開始したイベントで、”GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに掲げ、ファッションの発信地として時代を築いてきた青山通り(246号)に位置するワールド北青山ビルを拠点に、若手クリエイターとともに新たな取り組みを通じて未来を創造するプロジェクト。今回はテーマに”サーキュレーション・ライフスタイル”を掲げ、衣・食・住からアートまでの13ブランドをワールドがキュレーション。

201012_1.jpg

昨年の実施風景。246号に面した建物内は、自然光が入る開放的な空間。

出展ブランドは、ワールドグループの「ラグタグ」「ラクサス」「スーパーメイド」に加えて、アップサイクルブランドの「スリュー」が参加。また、任意団体コオフクとの取り組みで、既製品を障がいのある方が着こなせるようにリデザインをした商品の初めての販売も実施。そのほか、ファッション雑貨や、花、コスメ、コーヒーなどのドリンクまで、多彩な顔ぶれが集う。

201012_2.jpg

アップサイクルブランドのスリューは、ワールドで余剰在庫となったTシャツを、ゴム糸でシャーリング刺繍加工を施してリメイク。こちらも数量限定で販売される。

---fadeinpager---

また、期間中は、コーヒーのワークショップや段ボールを使用したオリジナル小物を作るワークショップなども開催。そのほか、サーキュレーション/循環、サステイナブルをテーマにした興味深いトークセッションも行われるので、ぜひこちらもチェックして。

201012_3.jpg

10月17日には、「サステイナブルコーヒー ワークショップ」が開催される。日本サステイナブルコーヒー協会の監修により、オリジナルブレンドの作成とプロに学ぶコーヒーの淹れ方を習うことができる。

---fadeinpager---

201012_4.jpg

10月18日には、CARTONアーティストの島津冬樹監修による、段ボールを使用したワークショップも。段ボールから財布、カードケース、コインケース、ペンケース作りのいずれかひとつに挑戦して。

---fadeinpager---

201012_5.jpg

期間中、会場には「木目込み」のアート作品とAR作品を展示。ワールドでVMD担当も経験したことのある、アーティストの谷敷 謙(やしき・けん)による作品は、人の生きた痕跡を残すために現代の古着を使って、過去から受け継がれている姿勢を表現したもの。

246st.MARKET
期間:10/14(水)~10/18(日)11時~18時 
*出展ブランドごとに営業時間は異なる場合あり。
*最終日は17時までとなります。
会場:ワールド北青山ビル1階(東京都港区北青山3-5-10)
入場無料 *ワークショップは別途参加料あり。
*新型コロナウイルス感染症対策として、入場の際に検温のほか、マスク着用にご協力を。
ワークショップ・トークイベントなど申し込み専用URL:
https://246stmarket2020kitaaoyama.peatix.com/

www.246stmarket.com

texte:NATSUKO KADOKURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。