伝説のきもの作家、浦野理一の布をリメイクして展示。

ニュース

小津安二郎のカラー映画のきもの制作などで知られる浦野理一。きもの作家であると同時に染織研究家でもあった浦野のきものは、愛好家の間でも憧れの存在だ。

温かみのある独特な風合いをもつ浦野理一の研究と足跡は、息子の範雄に引き継がれ、「浦野染織研究所」において制作が続けられてきた。しかし2016年、諸事情により工房は閉鎖され、長年蓄積された膨大な染織資料は銀座のアンティークきもの店「灯屋2」へと受け継がれることに。その中には膨大な量の試し織や試し染、見本裂の数々が残されていた。

201005-urano-01.jpg

およそ2万枚もある小布を継ぎ合わせて、新たなきものが生まれる。型染めの小布を組み合わせた帯も新鮮。きものと帯がセットで、それぞれ美しいセット名が付く。「ガス燈」¥638,000/灯屋2

201005-urano-02.jpg

浦野が残した膨大な布は、スクラップブックに残されており、その数は200冊以上。会場にはこれら資料も展示される。

201005-urano-03.jpg

縞だけでもじつに多彩な色と織があり、日本人の布に対する繊細な感覚がうかがえる。

灯屋の店主・渋谷公子は、その小布や小裂を再び生かすべく、新しいきものや帯を作ることを思い立つ。こうして継がれてできたきものや帯は、浦野の布のもつ独自の力強さはそのままに、まったく新しい「継ぎ着物」「継ぎ帯」として新たな命を得ることになった。会場では着物40点余、帯60点余に加え、同じく浦野の小布を使ったバッグや和装小物が展示、販売される。また浦野理一・範雄親子の熱意が込められた「裂帖」など貴重な資料も展示予定。時代を経て受け継がれる布の魅力に触れてみて。

201005-urano-04.jpg

様々な種類の絣の小布を組み合わせたきもの。一枚ずつに味わいがある布を組み合わせることで、新たな調和が表現される。「めぐり逢い」¥924,000/灯屋2

201005-urano-05.jpg

格子柄の布を集めて継ぎ合わせたきものと帯の、個性的なコーディネート。帯は結び方によって好きな柄を出すことができる。「プリズム」¥792,000/灯屋2

会期:2020年11月21日(土)〜26日(木)
会場:銀座洋協ホール
東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル6階(泰明小学校向かい)

●問い合わせ先:灯屋2 銀座店
tel:03-3564-1191
※詳細はホームページにて告知予定

【関連記事】
京友禅の老舗「千總」初の旗艦店で、優美な世界に浸る。

texte : JUNKO KUBODERA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。