Burberry,Old and New Brit Style

クリストファー・ベイリーのラストショーに拍手喝采!

Burberry,Old and New Brit Style

"Time"をテーマにした感動のフェブラリーコレクション。

17年間に渡ってバーバリーを率いてきたクリストファー・ベイリーによる最後のショーが2月17日(現地時間)、ロンドン西部のディムコ・ビルディングで発表された。

01-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

United Visual Artists, ‘Spectrum’

記念すべきラストショーの舞台となったのは、1898年にロンドン地下鉄セントラル線の発電施設として建てられた歴史ある建築物。英国のアーティスト集団、ユナイテッド・ビジュアル・アーティスツ(以下UVA)とコラボレーションし、彼らの作品「Our Time」をショーのコンセプトや会場に合わせて彼ら自身が再解釈したものをショーに使用。レンガ造りの重厚で厳かな雰囲気の空間を、音と照明で時間の経過を表現するインスタレーションがモダンに演出した。

02-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

United Visual Artists, ‘Spectrum’

UVAの作品「Our Time」と呼応する2018フェブラリーコレクションのテーマは「Time」。“過去を振り返り、現在に喜びを見出し、そして未来へ向かうこと”を意味する、潔く強いテーマだ。ショーには’60年代〜’90年代のアーカイブから復刻した要素……チェック柄、ロゴ、アイコン、さらには素材やテクニックを“いま”の感性と技術で刷新したアイテムたちが次々に登場。カーラ・デルヴィーニュやアジョワ・アボワーなどバーバリーのキャンペーンモデルを務めてきた歴代のモデルがランウェイを闊歩し、フィナーレでは幻想的な光のスペクトラムが会場をドラマティックに染め上げた。
03-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

04-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

05-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

06-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

07-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

08-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

09-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

United Visual Artists, ‘Spectrum’

>>カラフルなレインボーに込められた思いとは?

---page---

レインボーに込められた、多様性を讃えるメッセージ。

「ヴィンテージ レインボーチェック」を筆頭に、時に主役として、時に名脇役としてフェブラリーコレクションの随所に登場した鮮やかなレインボー。

10-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

11-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

13-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

14-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

15-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

さまざまな形でコレクションにお目見えしたレインボーは、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)+コミュニティへのサポートを表したもの。世界の人々の多様性を讃え、誰もが自分らしく過ごせるハッピーな未来を願うシンボルとして、ウェアから小物まで、多彩なアイテムに取り入れられている。「自分にとって最後となるこのコレクションは、LGBTQ+コミュニティへの世界的な支援拡大を目指す3つのチャリティ団体に捧げたい。今こそ、多様性のなかに私たちの強みがあり、そこにクリエイティビティの源があることを発信するのにベストなタイミングだと考えている」と語るクリストファー・ベイリー。彼のメッセージは、このうえなくカラフルでハッピーなコレクションとなって、多様性が息づく未来を明るく照らしてくれる。

>>フィガロが選ぶBESTルック5を発表! 

---page---

エディターがひと目惚れしたルック、BEST5。

17年の集大成ともいえるクリストファー・ベイリーのラストとなるランウェイコレクションは、アーカイブのブラッシュアップからカラフルなレインボー、ロマンティックなフラワーモチーフや繊細なチュール使いなど、主役級のアイテムが勢揃い。そのなかからエディターがひと目惚れした5ルックをご紹介。

16-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

カシミアシルク フリース フーディー¥453,600(予定価格)  スカート¥216,000予定価格  バッグ「1983 チェック リンクバッグ ウィズ パテントトリム」¥145,800予定価格(各7月以降発売予定)

「ショーの冒頭からいきなりテンションが上がったファーストルック。カシミアシルクのリュクスなフリースにグラフィティをプリントする遊び心がたまりません。レインボーが効いたボリュームスカートを合わせる“攻め”のスタイリングに脱帽」

17-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

ニット¥178,200予定価格  ドレス¥777,600予定価格  レギンス¥54,000予定価格(各7月以降発売予定)

「マルチカラーニット×フラワーモチーフのチュールドレス×グラフィティ柄のレギンスと、柄も色も素材も“足し算”のコーディネートなのに、トゥーマッチにならないバランス感が絶妙」

18-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

コート 参考商品  バッグ「1983 チェック リンクバッグ ウィズ パテントトリム」¥145,800予定価格  スニーカー¥86,400予定価格(各7月以降発売予定)

「思わず“かわいい!!”と叫んでしまったピンクのファーコート。ランダムにあしらわれたカラフルな毛糸のモチーフがまたツボ。ドット柄のハイカットスニーカーもボリュームがあってファーコートと好相性」

19-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

ウールジャケット¥226,800予定価格  インに着たカーディガン¥113,400予定価格(以上カプセルコレクション)  レーススカート¥864,000予定価格  ストラップつきレギンス¥64,800予定価格  スニーカー¥86,400予定価格(各7月以降発売予定)  バッグ 参考商品

「アウターとカーディガンはともに1987年のデザインにインスパイアされたもの。このふたつを始め、’80〜’90年代のアーカイブを復刻したカプセルコレクションはショーの直後から販売がスタート。季節感的にもいま購入してすぐ活用できるところが魅力」

20-Burberry-February-2018-Show-Finale-180222.jpg

ジャージートップ¥62,640予定価格  レギンス¥60,480予定価格  キャップスリーブガウン¥864,000予定価格  スニーカー¥84,240(各7月以降発売予定)

「グラフィティプリントのインナーに繊細なチュールガウンを重ねた、素材もテイストもミックスなコーディネート。それぞれ単品でも魅力的だけど、合わせれば存在感が倍増!」

“See Now, Buy Now”の先駆けとなったバーバリーは、今回もショー終了直後から一部をカプセルコレクションとして販売。ブランドを象徴するチェック柄にレインボーを組み合わせた「ヴィンテージ レインボーチェック」や、アーカイブを復刻したアイテムは現在店舗とオンラインストアで発売中。そのほかのコレクションアイテムもプレオーダー受付中なので、ぜひコレクション特設ページをチェックして。

いち早い“See Now, Buy Now”への取り組みやデジタルへの注力など、バーバリーというブランドの枠を超えてファッション界全体に多大な影響を及ぼしたクリストファー・ベイリー。彼のラストショーはとびきりドラマティックで、とびきりハッピー。改めて功績の大きさを印象づけるコレクションとなった。17年の鮮やかな軌跡を礎に、バーバリーが進む次なるステップにも大いに期待したい。

>>2018年2月27日まで伊勢丹新宿店にてポップアップ開催中!

バーバリー公式サイト
www.burberry.com
www.instagram.com/burberry/
www.facebook.com/BurberryJP
https://twitter.com/Burberry
LINE ID: @burberry_jp

2018 フェブラリーコレクション特設ページ
https://jp.burberry.com/london-fashion-week/february-2018-show/
●問い合わせ先 :
バーバリー・ジャパン 
tel:0066-33-812819

photo:© COURTESY OF BURBERRY texte:NAOKO MONZEN

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。