type1【シェーヴル|Chèvre】

ウォッシュや青カビ、タイプ別、ベスト3を発表。

フランス語でメス山羊の意味。春の出産〜泌乳期に搾乳して作り、すぐに食べられる。旬がはじまる春先には、「そろそろシェーヴルの季節ね」というセリフがフランスでは定番。


トレフル/Trèfle >>1

2005年にノルマンディーで誕生し、瞬く間に大人気となった四つ葉のクローバー型シェーヴル。黒炭粉がまぶされ、きめ細かく、やわらかい。最初は爽やかな酸味が優しく広がるが、熟成が進むうちに味も質感も引き締まっていく。徐々にコクが出てくるのでひとつでふたつの味を楽しめるのも特徴。同じノルマンディー産のシードルとぴったり。ラッキーチャーム型のチーズはパーティやお祝いの贈り物にも。1個 ¥2,258
乳種 : 山羊乳
地方 : ノルマンディー地方
クセ : ★ ★ ★ ☆ ☆
問い合わせ店 : フェルミエ愛宕店


クロタン・ドゥ・シャヴィニョル/Crottin de Chavignol >>2

60gほどの小さなチーズなので、短いスパンで熟成による味の変化を楽しめる。フランスでは熟成段階を7〜8に分けて販売されているが、日本で手に入るのは若い2〜3段階ほど。熟成が進むと酸味の角が取れ、カビも出てきて複雑な味わいになり、ホクホクとした食感になってくる。シャヴィニョル村はワインで知られるサンセールの隣。ぜひサンセールの辛口白ワインと合わせて。焼きシェーヴルのサラダもおすすめだ。1個 ¥960
乳種 : 山羊乳
地方 : サントル・ヴァル・ドゥ・ロワール地方
クセ : ★ ★ ★ ★ ☆
問い合わせ店 : チーズ王国


サント・モール・ドゥ・トゥーレーヌ MOFロドルフ・ル・ムニエ熟成/
Sainte-Maure de Touraine Rodlophe Le Meunier, MOF >>3

とても繊細で崩れやすいため、中央に藁を通したビュッシュ(薪)の形が独特のシェーヴル。フランスでは数多くのシェーヴルが製造されるが、ロワール地方トゥールの近くに工房を構え、MOF(フランス最優秀職人)フロマジュを取得したロドルフ・ル・ムニエが熟成したものは特に大人気。熟成によって酸味がまろやかになり、適度な水分を閉じ込めた、クリーミーでしっとりとなめらかな質感に仕上がる。1本 ¥3,435
乳種 : 山羊乳
地方 : サントル圏・ロワール地方
クセ : ★★★☆☆
問い合わせ店 : フェルミエ愛宕店

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。