type2【白カビ|Fleurie】

ウォッシュや青カビ、タイプ別、ベスト3を発表。

チーズの表面に白カビ菌を植え、外側からソフトに変化。若いうちも食べやすいが、表面に茶色い斑点が出始めたら熟成が進んだ食べごろサイン。


バラカ/Baraka >>1

ヨーロッパで幸運のシンボルとされる馬蹄形のチーズ。生クリームを加えてクリーミーに仕上げた、歴史が浅いぶん現代的なスタイルのチーズだ。非常になめらかで、発酵バターのようなコクがあり、味はマイルド。食べやすく、熟成期間が短くてもおいしく食べられるので、日本でも人気上昇中! 甘さを活かし、蒸かしたサツマイモやフレッシュフルーツなどに合わせると、お手軽デザートになる。1個 ¥2,052
乳種 : 牛乳
地方 : ブルゴーニュ地方
クセ : ★☆☆☆☆
問い合わせ店 : チーズ専門店アルパージュ


カマンベール・ドゥ・ノルマンディー/Camembert de Normandie >>2

カマンベールは世界で最もポピュラーなチーズだが、なかでもAOPによって製法を守られているのがこの本家本元「カマンベール・ドゥ・ノルマンディー」。若草を食べた牛のミルクを1〜2カ月間でチーズにするため、4〜5月は特にしっかりとコクのあるおいしさが堪能できる。無殺菌ミルクを使うことが定められているため、現地の牧草独特の微妙な塩分や香りを楽しめる。リンゴやシードルとの相性抜群。1個 ¥2,257
乳種 : 牛乳
地方 : ノルマンディー地方
クセ : ★★★☆☆
問い合わせ店 : チーズ専門店アルパージュ


ブリ・ドゥ・モー 農家製 ロートシルト/Brie de Meaux Fermier Rothschild >>3

ロスチャイルド家のつながりを持つエドモン・ドゥ・ロートシルト家はワイン造りで有名だが、そのプロモーションのために作られたのがこちらのブリ。一度は姿を消した、農家手作りのブリ・ドゥ・モーを復活させ、白カビの王とも呼ばれる味を蘇らせた。味が安定していて、個性的なワインと合わせても引けをとらない存在感が魅力だ。しっかりしたボルドーワインなどに合わせたくなる。100g ¥1,113
乳種 : 牛乳
地方 : イル・ド・フランス地方
クセ : ★★★☆☆
問い合わせ店 : フェルミエ愛宕店

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。