いま京都でしたい、11のこと。其の3

京都のギャラリーで、美しいうつわを探そう。

特集

インテリアショップや老舗道具店を巡るだけでなく、アートオブジェを鑑賞するかのようにギャラリーでうつわを買うのが新しい。建築家によるデザイン空間で、玄人気分のうつわ探しを楽しもう。

美空間に溶け合う、アートな佇まいのうつわ。

京都やまほん

三重県伊賀市に本拠を構えるギャラリーの京都店が、二条に移転オープン。アーチ状の天井が奥へ奥へと続く美しい内装は、建築家でもあるオーナーが設計したもの。アートオブジェのようにうつわを飾りながら、その形や色がしっかりと見えるように計算したという。取り扱うのは、陶器、漆器、木工など、若手作家50人を中心に、オーナー自身が足を運んで選んだ日常使いのうつわ。年に10回ほど開催する企画展では、人気作家の作品を一挙に紹介する。

190116-kyoto-utsuwa-yamahon-01.jpg

アーチ状の天井が、たまりのある空間を演出する。

190116-kyoto-utsuwa-yamahon-02.jpg

床の間で使われる龍鬢(りゅうびん)が敷かれた棚に並ぶのは、福井の作家、中野知昭の作品。柔らかくやさしい佇まいの漆器が人気だ。折敷¥16,200、折敷の上の煮物椀¥27,000 

190116-kyoto-utsuwa-yamahon-03.jpg

辻村史朗の志野茶盌¥540,000、古谷宣幸の油滴天目茶盌¥129,600、吉田佳道の茶筅付き茶筅筒¥18,360など、棚に美しく陳列されている。

京都やまほん
きょうとやまほん

京都市中京区榎木町95-3 延寿堂南館2F
tel:075-741-8114 
営)11時~18時30分 
休)木 
www.yamahon.co

【関連記事】
其の1. あの現代アートを観に、祇園へ急げ!
其の2. 京の老舗が魅せる、新たな香りの世界へ。
陶器、磁器、ガラスまで、いま注目のうつわ作家にインタビュー「うつわディクショナリー

※『フィガロジャポン』12月号より抜粋

photos : SHIN EBISU

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。