ピアジェ、くるくると回転する気ままな自由さが愛しい。

いいモノ語り

時計とジュエリー、永遠のパートナーともなりうるこのふたつ。だからこそ、ブランドやそのモノの背景にあるストーリーに耳を傾けたい。いいモノこそ、いい物語があります。今回は、ピアジェのジュエリーの話をお届けします。

file : 011 
PIAGET
Possession

iimonogatari-180620-piaget-01-200910.jpg

右上から時計回りに、「ポセション」バングル(18KPG×ダイヤモンド×カーネリアン)¥690,800、バングル(18KPG×ダイヤモンド)¥444,400、ペンダント(18KPG×ダイヤモンド×オニキス)¥519,200/以上ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)

シンプルだけれど動きのある、ちょっとほかにはないアイコンジュエリー。それがピアジェの「ポセション」。あしらわれているのは、オニキスやカーネリアンといったオーナメンタルストーン。その周囲のリング状の部分は、くるくると回転するようになっている。自由さと陽気さ、遊び心でいっぱいに満たされたコレクションだ。

ファーストモデルが誕生したのは、1990年のこと。回転するジュエリーのキネティックなおもしろさが話題となり、たちまちセンセーションを巻き起こした。ポセション(所有する)というネーミングのため、恋人たちが贈り合うジュエリーとして、また自己実現のシンボルとしても愛されてきた。

最新作ではデザインがさらに洗練されて、ミックス&マッチが思うまま楽しめるフレキシブルなジュエリーになっている。いくつも重ねたり、単品でつけたり、ときにはウォッチと組み合わせたりと、さまざまなつけこなしができるのが何よりの魅力だ。

賑やかで陽気で、それでいながらリラックスしていて、時が過ぎるのを思わず忘れるくらいに楽しいひととき。誰もがそんな忘れがたい時間を経験したことがあるはず。ピアジェの「ポセション」は、そうした美しく生き生きとしたひとときを象徴するジュエリー。人生をみずから切りひらく女性たちに、ポジティブなエネルギーを与えて寄り添ってくれる存在なのだ。

*「フィガロジャポン」2018年8月号より抜粋

●問い合わせ先:
ピアジェ コンタクトセンター
0120-73-1874(フリーダイヤル)
www.piaget.com

>> 「いいモノ語り」一覧へ

photo : SHINMEI (SEPT), stylisme : YUUKA MARUYAMA (MAKIURA OFFICE), texte : KEIKO HOMMA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。