ミキモト、Mのモチーフで魅せる南の海のパールたち。

いいモノ語り

時計とジュエリー、永遠のパートナーともなりうるこのふたつ。だからこそ、ブランドやそのモノの背景にあるストーリーに耳を傾けたい。いいモノこそ、いい物語があります。今回は、ミキモトのジュエリーの話をお届けします。

file : 024 
MIKIMOTO
MIKIMOTO M COLLECTION

201008-iimonokatari-vol24-mikimoto-01.jpg

上から、リング「ミキモト M コレクション」(18KWG×ダイヤモンド×白蝶真珠)¥836,000、(18KYG×ダイヤモンド×白蝶真珠・ゴールデンパール)¥803,000/ともにミキモト(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター)

はるか昔の人々は、月から滴った露を貝が飲むと、やがて貝は真珠を産むと考えていたという。また、雷雨の中で稲妻の光を浴びると貝が子を宿し、月の光に育まれてその子が真珠になるとも考えていたという。天空の月や光が、いつしかきらめく真珠になったと信じていたのだ。

そんな伝説を思い出させるような、神秘の美しさをたたえたミキモトのリング。エレガントなホワイトとゴールドカラーを纏ったパールは、ともに白蝶貝から生まれた真珠。南の海で育つ白蝶貝は、優しく澄んだ光沢が何よりの魅力。ゴールデンパールとも呼ばれる真珠は、本当に金色のように見える深い輝きで心をとらえる。

パールの存在感をフィーチャーしたこのリングは、名づけて「ミキモト M コレクション」。サイドから見た時のフォルムが、メゾンのイニシャル、Mのモチーフになっている。ころんとしたパールの形を、さまざまな角度から楽しめるようにもなっていて、パールにモダンな軽やかさをプラスしたデザインが見事だ。

パールの価値を決めるうえで大切なことは、光沢や形のよさ、そしてキズの有無。深い透明感のある艶やかさ、ゆがみのない丸いフォルムを持つこのパールは、養殖真珠のオリジネーターであるミキモトが厳しく選び抜いたもの。その肌には小さなキズひとつないかのようになめらか。豊かな海で育まれた、本当に上質な真珠なのだ。

古来、月と深い関わりを持つと考えられてきた真珠。満月のように明るく艶めく白蝶真珠を眺めていると、リングを通じて夜空のパワーが降りてくるように思えてならない。

*「フィガロジャポン」2019年9月号より抜粋

●問い合わせ先:
ミキモト カスタマーズ・サービスセンター
0120-868-254(フリーダイヤル)
www.mikimoto.com

>> 「いいモノ語り」一覧へ

photo : SHINMEI (SEPT), stylisme : YUUKA MARUYAMA (MAKIURA OFFICE), texte : KEIKO HOMMA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。