maman

名作セブンチェアに、特別カラーの子ども用サイズが登場。

Maman

デンマークの建築家、アルネ・ヤコブセンの代表作のひとつとして知られる「セブンチェア」。1955年にデザインされ、フリッツ・ハンセン社との協働で生まれたアイコニックなこの椅子は、65年以上経ついまも愛され続けている不朽の名作だ。そんなセブンチェアを、そのまま小さくしたデザインの、子ども用サイズがこのたび登場した。

201117-sevenchair.jpgシリーズ7™子ども用チェア(H60×W40×D42㎝)各¥40,150/以上フリッツ・ハンセン(フリッツ・ハンセン 青山本店

カラーは、ラベンダーブルー、ローズ、そしてブラック。プライウッドと呼ばれる、何層もの板を重ねて曲げた成形合板で生まれた、流れるような曲線美。インテリアとしても特別な存在だが、削ぎ落とされたデザインには、座り心地の良さも隠されている。左右に大きく広がった背もたれと、背もたれと座面が一体化したカーブが、子どもの小さなカラダをしっかりとホールド。デスクに向かうときも、良い姿勢をキープできる。

セブンチェアの特徴でもある、スタッキングももちろん可能。シート、レッグ、レッグキャップまですべて同色に仕上げられたワントーンの椅子を積み重ねた状態も、どこか絵になる。ミッドセンチュリーデザインの名作、大人用セブンチェアの隣に、ぜひキュートなカラーの子ども用を並べてみたい。

●問い合わせ先:
フリッツ・ハンセン 青山本店
tel:03-3400-3107
https://fritzhansen.com

 

【関連記事】
アルネ・ヤコブセンの隠れた名作が、時を超えて復刻。

texte:MIKI SUKA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。