maman

子ども部屋を上手に片づけるための、7つのアドバイス。

Maman

子どもたちが部屋を定期的に、そして自主的に片づけるようになるにはどうしたらいい?やる気を引き出すコツを紹介しよう。

nos-conseils-pour-que-la-chambre-de-votre-enfant-reste-rangee.jpg

子どもたちが自主的に部屋を片づけるようになる! やる気を引き出すコツとは? photo:iStock

「部屋を片づけなさい!」このフレーズをうんざりするほど繰り返し、最後は根負けしてレゴやお人形を自ら片づけたママたちはどれだけいるだろう?そんな散らかし放題の子ども部屋を片づけるための解決策がある。子ども部屋にいつも物が散乱しているのは、行く先々で散らかすという子ども特有の性癖のせい(だけ)ではない。子ども部屋が片づけやすい仕組みになっていないから!

---fadeinpager---

Tips.1どもと一緒に片づける。 

虚しさのあまり大きなゴミ袋を持ってひとりで片づけたくなる気持ちをグッとおさえ、子どもと一緒に片づけに取り組もう。整理整頓の仕方を教えるのにもいい機会だ。片づけのルールを一緒に作れば、子どもたちも理解しやすく、片づけの習慣が身につきやすい。

Tips.2不用な物を処分する

引き出しに物があふれていたり、収納箱が閉まらないほど満杯だったり、床におもちゃが散乱しているようでは、片づけるのは難しい。解決策は物を減らすこと。壊れたり年齢に合わなくなったおもちゃ、着られなくなった服など、子ども部屋の整理には定期的な不用品処分が不可欠。捨てたり譲ったりして物を減らしたら、残った物はローテーションシステムを活用して収納する。子どにお気に入りのおもちゃを選ばせ、それ以外は別の場所にしまって、後で必要な時に出す。論理はいたってシンプル。部屋にある物が少なければ少ないほど、片づけは簡単。

Tips.3どもの立場にたって。

子ども部屋のレイアウトを大人の目線で考えている人があまりに多い。子どもが使いやすい空間を整えるためには、何といっても子どもの立場になること。オープンな収納棚や床置きのケースやボックスを活用して、おもちゃは子どもの手が届く下の段に仕まう。簡単に手が届けば、片づけもしやすい。子どもがひとりで自分の洋服を掛けられるように、背丈に合ったタンスやコート掛け、子ども用ハンガーを用意する。整理棚の上段には、頻繁に使わない物を収納する。

Tips.4どもに合った収納を選ぶ

おもちゃを整理するたびに指をはさんでしまう。そんな状況では子どもがひとりで片づけをする可能性は低い。ひとりで部屋の片づけができるようになるには、子どもに合った収納システムが必要だ。そんなわけで人間工学と操作性を考慮した収納を選ぶこと。たとえば低年齢の子どもにはオープンタイプの収納がおすすめ。おもちゃ箱の大きさやデザインも中に入れる物に合わせて選ぼう。クマのぬいぐるみやミニカーは蓋のない大きなバスケットに、人形の洋服のような小物は蓋つきのXSサイズの箱にしまうといい。

Tips.5ラベルを貼る

箱の中に適当に何でもかんでも詰め込んでいると、整頓するときに大変なことになる。何をどこにしまうか決めておけば、子どもにとっても、毎晩、元の場所に片づけるのが簡単になる。それぞれの物の定位置や、箱ごとにしまうおもちゃの種類を決めたら、子どもが忘れないよう、見やすい場所にラベルを貼って。文字が読めない年齢なら絵を添えるといい。

Tips.6使える場所はすべて活用する

クリスマス、誕生日、ほかにもいろいろな機会に、おもちゃはどんどん増えていく。子ども部屋の収納はいくらあっても足りないもの。ベッド下の引き出し、壁面収納など、ちょっとしたスペースを有効活用しよう。

Tips.7けの習慣を作る

子ども部屋に限らず、整理整頓の鍵は、長期間散らかった状態のままにしておかないこと。収納や仕組みを見直したら、毎晩おふろの前の10分間はお部屋の整理整頓、というように、片づけを習慣化するといい。

texte : Anne-Sophie Michat (madame.lefigaro.fr)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。