Blog

  • HOME
  • BLOG
  • オーガニックなパリの子育て
オーガニックなパリの子育て

知れば知るほどすごい、ベビーマッサージのもたらす効果

パリでもママンに大人気のベビーマッサージ。
もともとフランスには、日本のように気軽にマッサージを行うカルチャーはなかったものの、この10年くらいでマッサージがすっかり市民権を得るようになりました。
そういう背景もあり、赤ちゃんにマッサージをしているママンもぐんと増えたのです。

180410-In--the-Garden.jpg

私自身も出産経験をする前から、クライアントの赤ちゃんや小さなお子さんのマッサージを行なってきました。その子供たちは大きくなってからもマッサージが大好きで、私の顔を見ると「マッサージ!」と寄ってくるほど。私の顔とマッサージが結びついているようで、本当にかわいらしいのですが、それほどマッサージを受けた記憶って濃く残るんだなぁといつも思っていました。

ぐりとぐらを出産した時も、産院の小児科の先生から、生まれたてからマッサージをするように薦められました。最初は、体がとても小さかったので、おっかなびっくりしながらやっていましたが、ぐらはマッサージを始めるとうっとりした顔をして、すぐ寝てしまうので、世に現れて数日でマッサージを気持ち良いと思うなんて! と衝撃でした。

180410-After-massage.jpg

ベビーマッサージはママンとべべのコミュニケーションや関係性を育むという、素敵な効果があるわけですが、他にも本当に素晴らしい効能があり、これを知ってしまったら生まれたてのべべにも、もうすっかり大きくなってしまったべべにも(笑)きっとマッサージをしたくなってしまうはずです。その効能はといいますと、

1. 社会性を育む
マッサージを行うときに、べべとできる限りアイコンタクトをとります。アイコンタクトを行うことで、神経の伝達力が高まり社会性を育みます。

180410-Eye-contact.jpg

2. 消化を助ける
小さな赤ちゃんがよく泣いてしまう理由が授乳の後の消化不良。そんな時に優しくお腹をさすったり、背中の消化機能の経絡に沿ってマッサージしたりることで、食後のお腹の緊張感をほぐします。

180410-tummy-massage.jpg

3. 脳の発達を助ける
表皮には、感覚を感知するセンサーが仕込まれていて、このセンサーからの情報は直接脳に送られます。例えば温冷を感じることもこの表皮のセンサーの機能によるものです。マッサージによってこの表皮のセンサーの触感力を高めることで、集中力や学習力を高めます。

180410-Foot-massage.jpg

4. 音を使って語学の学習力を身につける
音楽を積極的に使うことで、脳内の音の情報処理を司るエリアの発達を助け、語学の学習能力を高めます。

180410-Get-started.jpg

ね、いかがですか?
赤ちゃんや小さなお子さんの成長過程に様々な重要な役割を果たしてくれるのです。

そして、マッサージのやり方で大切なことは、やさしい気持ちでふれること。やり方がわからない、と不安にならずに、やさしく撫でるだけでも十分効果があります。こうやって触れられたら気持ちいいだろうな、ということをしてあげたら良いと思います。大人のマッサージのようにグイグイ押したりはしません。

マッサージに使うものは、やっぱり一番搾りの植物オイルがダントツです(私には、それ以外の選択はありません!)。赤ちゃんの皮膚は、大人の肌と違って未完成。だから皮脂膜を自分で作ることができません。ですから私たちの表皮の脂肪酸を作っている3つの脂肪酸(パルミチン酸、リノール酸、オレイン酸)を取り入れることで、保護力を高めます。またマッサージを行う際に、香りのあるものを使いたくなりますが、ラヴェンダーのエッセンシャルオイルのようなナチュラルなものであっても、皮脂膜が整っていない新生児にはその香料が刺激になりやすいので注意が必要です。

そこで、、、
私は作りました。

理想のベビー用マッサージオイルを。

180410-Massage-au-labo.jpg

つまり3つの脂肪酸のバランスの良い植物オイルを使い、新生児から使えるように、刺激となる成分を取り除いた特別なエッセンシャルオイルを使ったマッサージオイルです。

3つの重要な脂肪酸を豊富に含む植物オイルは、アフリカに生息するバオバブから採れたオイル、コットンシードオイル、そしてサンフラワーシードオイルのトリオです。
香りには、カモミールとビターアーモンドのアレルゲンを取り除いたエッセンシャルオイルでほんのりと甘さがあります。

ぐりとぐらは、このオイルで生後3日目からマッサージしています。
最近10ヵ月になって、マッサージしようと仰向けにしただけで、ゴロンゴロン動きまくってしまうのですが(汗)、マッサージした後は、やはりよく眠ります。

180413-chico-01.jpg

SHIGETAでは、このベビーマッサージオイルの他に、ぐりとぐらがずっとモニターになって作ってきたベビーウォッシュ、そして私が妊娠初期から使いながら研究し、一本も妊娠線ができなかった自慢のママン用のストレッチマーク予防のためのママンモイスチャーバーム、この3つの製品を5月22日に発売します!!!

そして今回、発売を記念して5月23日にベビーマッサージのイベントを行います!
1歳半以下のお子様をお連れいただいて、ぐりとぐらと一緒にベビーマッサージを行うワークショップです!
イベント応募の詳細はこちらです。

みなさんからのたくさんのご応募お待ちしております!

CHICO SHIGETA

SHIGETA主宰、ホリスティックビューティーコンサルタント。美しい肌と体を育むためには心身のバランスこそが不可欠と考え、長年フランスおよび日本にてビューティーメソッドを探求。その経験と実績をもとにバイタリティー・コーチング®を考案。現在は、パリのセレブリティやアーティストのためのパーソナルコーチとして活動するほか、大手化粧品会社や美容機器会社のコンサルティング及びブランドスポークスマンとしても活躍中。近著に『「リセットジュース」を始めよう~パリ美人のダイエット』(講談社刊)など、著書多数。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。