バリエーションが豊富。プリント・マニアの心が昂る!

特集

個性豊かなプリント・アイテムが勢ぞろいする、この夏。何を選ぼうか……。数々の魅力的なモチーフを前に、無地派もプリント派に転向したくなるに違いない。タイプもアイテムも異なる4ブランドを紹介しよう。

Charlotte Bialasのヴィンテージ・プリント

リュクサンブール公園、Bread & Roses の近くにブティックをもつCharlotte Bialas(シャルロット・ビアラ)が情熱を傾けるのは、現在の製造法では得られない独特の風合いを持つ60年代から90年代にかけての希少なプリント。とりわけシルクだ。世界中のアンティークフェア、オークション、ヴィンテージストック店などを巡って、心ときめくプリントを収集している。そして、それらを用いてプレタポルテコレクションを作り上げるのだ。プリントの魅力が生きる、シンプルなデザインばかり。在庫のあるプリント素材についてはオーダーも可能。あるいはプレタポルテコレクションの中のデザインを別素材で、といったセミオーダーも。

190531_paris_print_01.jpg

190529-print-01.jpg

シャルロットが世界中から集めたヴィンテージ・プリント素材。

190529-print-02.jpg

ジャケットのグリーンのベルベットは70年代イタリア産、ワンピースのシルクサテンは80年代のイタリア産。

190529-print-03.jpg

スカートのオーガンジーは70年代のアメリカ産。トップのシルクジャガードは70年代のイタリア、モンテロ社製。

190529-print-04.jpg

スカートのジャカードは70年代のイタリア、モンテロ社。シャツのシルクツイルは80年代のフランス産。

Charlotte Bialas
67, rue Madame
75006 Paris
tel:01-57-40-69-10
営)11時〜19時
休)日月
www.charlottebialas.com

---fadeinpager---

Le Duo Parisのスカーフはダブル・モチーフ

マルタン・グラントのメゾンで出会ったパリジェンヌのモード・ミッシェルとオーストラリア人のフィオナ・マックナイト。 そのふたりが組んで、ユニークなスカーフのブランドが誕生した。その名もLe Duo Paris(ル・デュオ・パリ)である。

スカーフには必ず2種の異なるモチーフが用いられているのが特徴。それも、えっと思うような色合わせ、あえて強いコントラストのモチーフという組み合わせだ。プレタブランドやクチュールメゾンで使用されずに余っているシルク、製造終了につき繊維会社で半端に余ったシルクなどを素材に用いる’’ゼロ廃棄物’’のリュクスというのも、このブランドの特徴となっている。

生まれたてのブランドなので、いまのところはwww.leduoparis.comでの販売。どのモチーフも量に限りがあるので、同じスカーフは4〜5点、時には1点だけということも。

190529-print-05.jpg

スカーフはすべてユニセックス。タイプは4種類あり、カレ(約89×89cm/260ユーロ)、クイーンサイズ(約118×124cm/ 370ユーロ)、縦長(134×27cm/ 240ユーロ)、バイアス(約170×29cm/240ユーロ)。これにもうじきネックリボン(8×200cm/160ユーロ)が加わる。

190529-print-06.jpg

素材に限りがあるので、プリントによっては一点ものも。

190529-print-07.jpg

ヴィンテージ素材のように見えるけれど、どれもパリ市内で見つけた最近のプリントばかり。

190530_paris_01.jpg

手仕上げされるスカーフはメイド・イン・パリ。スカーフを収めるボックスもブランドカードも再生紙を使用している。

Le Duo Paris
www.leduoparis.com

---fadeinpager---

Bourgineは19世紀初頭の壁紙をモードに!

Bourgine(ブルジンヌ)がこの夏に選んだテーマは “ アンクロワイヤーブル&メルヴェイユーズ ”。おなじみ、18世紀末から19世紀初頭に常軌を逸した装いで世間を騒がせた男女たちである。彼らの時代の室内を飾った壁紙をブルジンヌは蚤の市で掘り出して、そのモチーフをテキスタイルにプリントできるように汚れを落とし、コンピュータで修復。こうしてオランダでプリントされた布を、ブルジンヌはパリ6区のアトリエでプレタのコレクションに。このスイートなモードには、ラデュレのマカロン・ボックスのファンが飛びつきそう。

190529-print-09.jpg

190529-print-10.jpg

左のトップはジャージー素材で80ユーロ、右のスカートは105ユーロ。

190529-print-11.jpg

190529-print-12.jpg

パンタロン 155ユーロ。

190529-print-13.jpg

ブラウス 110ユーロ。

190529-print-14.jpg

この壁紙のモチーフのボレロは……残念、売り切れ!

Bourgine
8, rue de l’Echaudé
75006 Paristel
tel:09-81-98-42-38
営)12時30分〜19時
休)日月
www.bourgine.net

---fadeinpager---

Globalisto collection by WOWO によるワックスのきもの

子ども服のブランドとしてパリジェンヌ・ママたちに愛されたWOWO。ブランド創始者のエリザベット・ルランが南アフリカのDJでアリプロデューサーのモー・ランディと組んで、ワックスプリントのブランドGlobalisto collection by Wowo(グローバリスト・コレクション・バイ・ウォウォ)をスタートした。コンセプトはブランド名が表しているようにカルチャーもサヴォワール・フェールも国境を超えてミックスということで、デザインは着物にインスパイアされている。メイド・イン・フランスでショート丈とロング丈の2種がある。ブランドのサイトのオンラインショップで販売が始まったところだ。

190529-print-15.jpg

ブランド創始者のエリザベットとモー。photo:Antoine Tempé

190530_paris_02.jpg

こちらはショート丈。photo:Emma Panchot

190529-print-17.jpg

パリでワックスプリントの人気は上がるばかり。コットンということもあり、いまの季節、マルシェ・サンピエールの布地屋でも売り場が広がっているほど。photo:Emma Panchot

190530_paris_03.jpg

5月半ばにGlobalisto collection by WOWOのお披露目のショーがパリで開催された。photo:Chris Saunders

Globalisto collection by WOWO
www.wowo.fr/globalistocollection

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。