日曜日も営業。美味しいブラッスリー、ゼブラを目指す。

ニュース

新しいレストランのオープンが続く、パリ。16区のメゾン・ドゥ・ラ・ラディオ内のレストランも今年に入ってから新装オープンしたけれど、今度はその建物が面する広場にあったブラッスリーも魅力的な場所に大変身を遂げたのだ。名前はZébra(ゼブラ)。

180723-zebra-01.jpg

テラス席も魅力なゼブラは、16区のメゾン・ドゥ・ラ・ラディオの向かい側。NuxeのスパがあるHotel Squareの一角を占めている。photo:Yann Deret

最近のレストラン業界ではひとつ成功させたチームが次も成功させて、さらに新たな店を開いて、といった傾向がある。ゼブラはRoco、Roca Darocoという流行りの店を仕掛けたふたり組が、さらに業界の辣腕と組んで、という点でも話題なのだが、もっとも、食事をする側にはそうした背景はあまり関係ない。大切なのは美味しくて、サービスも感じよく、そしてインテリアが目に快適、というポイントが満たされていることでは? ゼブラはその点、パーフェクト! そして、日曜も含め朝から深夜までのノンストップ営業というのも、ハイポイントだ。

180723-zebra-02.jpg

モダン・ブラッスリー。朝食から深夜の1杯まで。

180723-zebra-03.jpg

ノンストップ営業なので、夕方のアペリティフにも。メニューには和牛ジャンボンやサラミなどのおつまみも用意されている。photos:Yann Deret

180723-zebra-04.jpg

天井にも注目を。

前菜にはポワロー葱のマリネ、ウフ・ミモザ、メインではタルタル・ステーキ、シンプルなチキン・グリルといったブラッスリーの定番料理が、ちゃんと並んでいる。そして ランチタイムには、曜日替わりのメイン(19ユーロ)が用意されているのも昔ながらのブラッスリーらしい。例えば水曜日はムール・マリニエール、金曜はエイのヒレとケッパーというように。

180723-zebra-05.jpg

前菜のウフ・ミモザ(9ユーロ)。

180723-zebra-06.jpg

前菜のグリーンピース、そらまめ、イチゴのサラダ(13ユーロ)。

180723-zebra-07.jpg

黒ダラのアイオリ・ソース(24ユーロ)

180723-zebra-08.jpg

ルバーブとフワンボワーズのパヴロヴァ(10ユーロ)。ほどよく甘酸っぱいルバーブとフランボワーズを半円のメレンゲに詰め、愛らしい。photos:Mariko OMURA

時代を超えて愛されるパリのブラッスリーながら、現代的に。そんな内装をまかされたのは、オリヴィエ・ドゥラノワとフランチェスカ・エーリコという若いふたり。大理石のテーブルもあれば木のテーブルもあるといった広い空間内、グリーンがうまく配されて、店内に入るや快適感に包まれる。ゴールドの雨が降り注ぐような天井、見事な大理石のバーカウンター……21世紀のブラッスリーの誕生である。

180723-zebra-09.jpg

エントランスを占める大理石のバーカウンター。

180723-zebra-10.jpg

落ち着いたサロン風テーブル席も。photos:Benoît Linero

ZEBRA
3, place Clément Ader
75016 Paris
営)7:30~23:00
tel:01 44 14 91 91
http://zebra.paris

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。