地中海的スモーク・ハウスのフュメで、新しいパリの食。

ニュース

パリ8区、レストランのFumé(フュメ)が1月初旬にオープンした。フュメ、つまりスモークされてるいという意味で、燻製の肉と魚、そしておなじみのパストラミをメインに据えたメニュー構成だ。

サーモンはヒッコリーで、肉はオークで、というように選び抜いた素材に合わせスパイシー、フルーティなど香り高い木材でスモークしている。メニューにはピタパンのサンドイッチやサラダなどもあるものの、ランチタイムから肉食ファンがこの店に集まってくるのが珍しい。

190123-fume-01.jpg

ハーフスモーク・ハーク・クックド・サーモン(14.50ユーロ)。前菜+メイン+サイドまたはメイン+サイド+デザートで昼夜ともに21ユーロ。

190123-fume-02.jpg

スモークド・リブロース(18ユーロ)。

190123-fume-03.jpg

コート・ドゥ・ブフもスモークされて、美味がアップ!

シェフはルーベン・サルファティ……といわれても、日本人にはピンとこない。でも、フランス人には “あの?” となるのだ。というのも、人気長者番組「Top Chef(トップシェフ)」に数年前に出演し、18歳の若さながら料理の実力を見せた彼。パリ近郊の自分の農園アピキュールでエコシステムの野菜栽培をしていて、フュメで使われている野菜のほとんどが、その農園での収穫物だという。

190123-fume-04.jpg

前菜にはフムス、ピーマンのマリネなど地中海の味。グループで4種セット(20ユーロ)をオーダーするのもいいだろう。

190123-fume-05.jpg

サイドにサツマイモ(5ユーロ)やアーティチョークのフライ(5ユーロ)を。

190123-fume-06.jpg

デザートにはシュー!(6ユーロ)

パリではまだ珍しいスモーク・ハウス。料理は地中海風、インテリアはレンガと鉄骨のニューヨーク・スタイルというコンセプトでパリっ子の胃袋を喜ばせている。

190123-fume-07.jpg

インテリアはニューヨーク・スタイル。

190123-fume-08.jpg

オープンの話題を聞きつけた年代さまざまな食事客で、レストランは賑わいを見せている。

Fumé
10, rue Berryer
75008 Paris
tel:09 53 33 20 76
営)12:00〜14:30、19:30〜23:00
休)金夜、土、日昼
www.fume-paris.com

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。