南仏発の香りのお土産。パニエデサンスは自分用にも!

ニュース

オペラ大通り24番地のブティック、Panier des Sens(パニエデサンス)。大通りに軒を連ねるお店はどちらかというと観光客向けで、はずれの品に当たることも少なくない。そんな定評をうれしくも覆してくれるのが、このパニエデサンスである。

190129-panier-des-sens-01.jpg

地下鉄Pyramidesの駅前という、とても便利な場所にある。日本食通りのサンタンヌ通りにも近い。

マルセイユにベースを置くナチュラルコスメティックのブランドで、まずは花をあしらったパッケージの可愛らしさが乙女心を激しく刺激する。ラべンダー、アーモンド、ジャスミン、バラ……商品を作り上げているのは、南フランスの豊かな恵みだ。マルセイユの誇りは72%のナチュラルオイルで製造する石鹸づくりのサヴォワール・フェール。これをベースにパニエデサンスは石鹸に始まり、オードトワレ、シャワージェル、ボディクリーム、シャンプーなどと、幅広いアイテムで展開している。

190129-panier-des-sens-02.jpg

女性客がほとんどというのも頷けるフェミニンなインテリアの店だ。

190129-panier-des-sens-03.jpg

香りの種類は迷うほど……。

190129-panier-des-sens-04.jpg

プロヴァンスといったら、ラべンダー!

最大の人気の香りは、南仏という地名に誰もが一番最初に結びつける植物のラベンダーだそうだ。そして、最大の人気商品はハンドクリーム。これは香りの種類も豊富で、サイズお小さく、お土産にも最適な価格(6ユーロ)と魅力的なアイテムなのだ。

190129-panier-des-sens-05.jpg

複数の香りで欲しくなるハンドクリーム。リップバームとのセットにするのもアイデア!

190129-panier-des-sens-06.jpg

12本セットのギフトボックス(65ユーロ)。11本を友達にプレセントし、自分用に1本とボックスをキープするという買い方をする人もいるとか。

南仏グラースの花から抽出したアブソリュートを用いたワンランク上のシリーズには、プレシャス・ジャスミンとローズ・ゼラニウムがすでにあり、最近それにオレンジの花の香りが加わった。このように新作の話題に加え、今年はパリ市内に新たに3軒もブティックがオープンする予定もあるという。パリをプロヴァンスの香りで包みこんでしまうパニエデサンスの発展に、注目しよう。

190129-panier-des-sens-07.jpg

アブソリュートの石鹸。各5ユーロ。

190129-panier-des-sens-08.jpg

オレンジの花のシリーズからオードトワレ(左/25ユーロ)、ハンド&ボディローション(右/12.50ユーロ)。このほかジェル・ドゥーシュ、石鹸、パフュームキャンドルあり。

Panier des Sens
24, avenue de l’Opéra
75001 Paris
tel:09 73 19 61 99
営)10:00(日 11:00)〜19:00(日 18:00)
無休
https://fr.panierdessens.com/en

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。