アライアとエイドリアン、ふたりの巨匠によるスーツが対峙。

ニュース

2017年11月に突然この世を去るまでの50年間、アズディン・アライアはモードに限らずデザイン、アート、建築、音楽、演劇などさまざまな分野に興味を抱き、愛し、そして自分の美意識にかなった品々をコレクションをしていた。彼が持つジャン・プルーヴェのコレクション、クリストバル・バレンシアガのコレクションはとりわけ有名だ。これから、いろいろと彼の所蔵品を見る機会ができそう!と予測させる展覧会がアズディン・アライア・ギャラリーで始まった。題して『アズディン・アライア コレクター』展。その後に「エイドリアンとアライア アート・オブ・テーラリング 〜仕立ての技術」とタイトルが続く。

190129-adrian-et-alaia-01.jpg

若き日のアズディン・アライア。パリ7区のベルシャス通りにて。このアトリエに、1979年、彼のクチュール顧客のセシール・ド・ロスチャイルドが友人のグレタ・ガルボを連れてきた。その時に彼女が着ていたのは、エイドリアンによるスーツだった。

190129-adrian-et-alaia-02.jpg

赤と白でまとめた会場に、主に黒とベージュの服を展示。photo:La Mode en Images-Stéphane Aît Ouarab

アライアが大量にコレクションしていたクチュリエのひとりが、Adrian(エイドリアン/1903〜1959年)である。アメリカ映画の衣装デザイナーで職業上の名はGilbert Adrianだが、単にエイドリアンと苗字のみクレジットされ、その名で知られていた。彼は1920年代に映画の仕事を始め、ハリウッド映画の黄金時代である1930年代はMGM映画社の専属衣装デザイナーとして、グレタ・ガルボ、キャサリン・ヘップバーン、ジョーン・クロフォードなど当時のグラマラスな女優たちの衣装をデザイン。ニューヨークコレクションなどない時代である。映画の中のモードがアメリカ女性たちの装いを左右する時代だったので、彼の斬新なデザインはファッション界からも常に注目を浴びていた。「僕はただ観客の目をノックアウトしたかっただけなんだ」と衣装デザインについて語る彼。もし彼の在職中にオスカーに衣装デザイン賞が設けられていたら、何度も受賞していたに違いない(注:衣装デザイン賞は1948年から)。ガルボの銀幕引退とともに彼もMGMを去り、1942年に自己のファッションハウスを開き、クチュールの服のラベルにはAdrian Originalが使われていた。

190129-adrian-et-alaia-03.jpg

会場の壁沿いがエイドリアンのスーツである。photo:La Mode en Images-Stéphane Aît Ouarab

190129-adrian-et-alaia-04.jpg

190129-adrian-et-alaia-05.jpg

190129-adrian-et-alaia-06.jpg

190129-adrian-et-alaia-07.jpg

エイドリアンによる1942〜1952年のテーラリング。肩のフォルム、絞ったウエスト、ディテールに40年代のアメリカの女性たちの姿が重なる。photo:La Mode en Images-Stéphane Aît Ouarab

---fadeinpager---

6月23日まで開催されるこの展覧会は、会場の中央にアズディン・アライアによるスーツを27シルエット、壁側にエイドリアンの27シルエットを展示し、ふたりの巨匠のクリエイションが対話をするという構成だ。カッティング、素材、縫製……卓越したふたりのテーラリングの技を間近にじっくりと鑑賞できる。展示されているエイドリアンのスーツは、彼の“クチュール時代”、1942年から1952年の10年間のクリエイションである。アライアのスーツは1985年から2012年までの、プレタ及びクチュールコレクションからのセレクションだ。

190129-adrian-et-alaia-08.jpg

エイドリアンによる黒のスーツ。アライアはエイドリアンの仕事を尊敬していた。photo:La Mode en Images-Stéphane Aît Ouarab

190129-adrian-et-alaia-09.jpg

アライア、2010〜11年秋冬コレクションより。photo:La Mode en Images-Stéphane Aît Ouarab

190129-adrian-et-alaia-10.jpg

アライアのスーツは1985年から2012年の仕事を展示。どれも完璧な裁断による構築的で美しいシルエットばかり。photo:La Mode en Images-Stéphane Aît Ouarab

なお会場の奥のふたつの小部屋では、エイドリアンが衣装デザインを担当したジョージ・キューカー監督の『ザ・ウィメン』(1939年)、アズディン・アライアがグレイス・ジョーンズの衣装を担当した『007 美しき獲物たち』(1985年)の映像を楽しめる。

190129-adrian-et-alaia-11.jpg

エイドリアンが衣装デザインを担当したジョージ・キューカー監督の『ザ・ウィメン』より。ジョーン・クロフォード、ロザリンド・ラッセル、ポーレット・ゴダード、ノーマ・シアラーといった当時の人気女優が多数出演した。

190129-adrian-et-alaia-12.jpg

映画『007 美しき獲物たち』に出演したグレイス・ジョーンズ(左から2人目)のコスチュームをアズディン・アライアが担当した。

Azzedine Alaïa Collectionneur
Adrian et Alaîa L’art du tailleur

会期:開催中〜2019年6月23日
会場:Galerie Azzedine Alaïa
18, rue de la Verreries
75004 Paris
tel:01 42 72 19 19
開)11:00〜19:00
無休
入場無料

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。