セレブリティが集まる伝説のレストラン、ラペルーズが蘇った。

ニュース

セーヌ左岸、川に面して立つレストランLapérouse(ラペルーズ)。小部屋が複数あり、その昔は男性たちがココット(高級娼婦)をはじめ、妻以外の女性を連れて人目を避けて食事に来た場所だ。1766年が創業で1840年に買いとったラペルーズが自分の名を冠した。ミシュランガイドで1933年に三ツ星を獲得している美食の店でもあり、ゾラ、モーパッサン、ボードレール、プルーストなど作家たち、それに芸術家や政治家……通ったセレブリティも多数。20世紀後半はモード界の人々にも人気となり、ジョン・ガリアーノ、ケイト・モスといった名前が挙がる。最近ではウディ・アレンが『ミッドナイト・イン・パリ』の撮影に使ったことでも知られている。

190724-laperouse-01.jpg

1766年の建築物。 Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-02.jpg

小部屋をつなぐ廊下もこってりとした内装だ。Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-03.jpg

バー。Photo:Matthieu Salvaing

---fadeinpager---

1年半前に夜の世界の帝王と呼ばれるバンジャマン・パトゥが新しくオーナーとなり、18世紀の個人邸宅だった建物の素晴らしさをいまに再び蘇らせるべく大改装を行った。インテリアデザインを任されたのはローラ・ゴンザレスだ。シックでエレガント、贅沢な内装。歴史と秘密を込めた10の個室は、どこか頽廃を感じさせるロマンティックな小空間となっている。さらにテーブルコーディネートはディオール メゾンのクリエイティブディレクターを務めるコーデリア・ドゥ・カステラーヌが担当。そして料理はアピシウスのジャン=ピエール・ヴィガトに、パティスリーはクリストフ・ミシャラクに任された。悦びの家と謳うラペルーズ。パリだからこそ存在する、そんなレストランゆえに一度は好奇心を満たしに食事に行ってみたい。

190724-laperouse-04.jpg

サロン・シノワ。その名に違わず中国風インテリアだ。 Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-05.jpg

サロン・キャトル・セゾン。Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-06.jpg

サロン・ベル・オテロ。Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-07.jpg

お皿の中央にLのイニシャル。Photo:Matthieu Salvaging

190724-laperouse-08.jpg

テーブルコーディネートを任されたコーデリア・ドゥ・カステラーヌ。Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-09.jpg

星付きシェフのジャン=ピーエル・ヴィガトが料理を担当。Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-10.jpg

前菜28ユーロ~、魚料理42ユーロ~、肉料理44ユーロ~。Photo:Matthieu Salvaing

190724-laperouse-11.jpg

クリストフ・ミシャラクによるデザート。Photo:Matthieu Salvaing

Lapérouse
51, quai des Augustins
75006 Paris
tel:01 43 26 68 04
営)19時~22時
休)日・月
http://laperouse.com

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。