オリオリのパジャマで、一家揃ってカラフルごろごろ !

ニュース

ビューティジャーナリトで、フィガロジャポンの美容アンバサダーとしても活動していたジャンヌ・ドゥロー。ジュエリーデザイナーのマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックとビュリーのヴィクトワール・ドゥ・タイヤックの姪っ子の彼女は、今年2人目の男子を出産し、それを機に新たな活動を開始した。それは、コットンとウォッシュド・シルクが素材のパジャマのブランドHoli Holi(オリオリ)である。

191217-holi-holi-01.jpg

ブランドHoli Holiを立ち上げたジャンヌ・ドゥロー。

夜、ママたちが子供をベッドに駆り立てるときに使うフレーズが “au lit(オリ/ベッドへ)!”。それにインドで色粉をかけあって祝うカラフルな春のホーリー祭(Holi)を掛け合わせて生まれたのがHoli Holiという名前だ。この愉快な言葉遊びもさることながら、パリジェンヌがオリオリのパジャマに惹きつけられるには訳がある。

まず、快適な素材でとってもカラフルなことだ。“夜のコスチューム”とジャンヌが呼ぶように、ストライプや植物プリント……ジャンヌがクリエイトするのは装う楽しみがたっぷりと込められたパジャマである。さらに、この夜のコスチューム、パパもママも子どももベビーも一家全員お揃い! が可能なのだ。パジャマはインナーウエアでもあるけれど、アウターとして活用できる。海岸で一家揃ってストライプを水着に羽織る、なんて遊びも楽しい。

191217-holi-holi-02.jpg191217-holi-holi-03.jpg

トロピカルプリント、ストライプのベビー用 各50ユーロ

191217-holi-holi-04.jpg191217-holi-holi-05.jpg

女性用のリヴィエラ・ローズ(コットン) 90ユーロ、エメラルド(シルク) 350ユーロ
販売はhttps://holiholi.fr。すべて共素材のトートバッグ入りで発送される。

191217-holi-holi-06.jpg191217-holi-holi-07.jpg

オリ・オリはインドの素材を使い、インドで生産。もともとパジャマとは、“脚の衣類”を意味するヒンドゥー語なのだというから、起源帰り!?

 

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。