ル・ムーリス、セドリック・グロレのパンで朝を始める幸せ。

ニュース

数カ月の眠りから覚め、9月1日、たくさんの新しい話題をぎっしり詰めてル・ムーリスの扉が開かれた。ガストロノミーレストランの新しいシェフ、ホテル内にすでにスパのある最高級スキンケアブランド、ヴァルモンのフラッグシップのオープン……。

その中でも気になるのは、新しい朝食だ。ホテルのシェフパティシエであるセドリック・グロレは、周知のとおり昨年自身の名前でブーランジュリー活動もスタート。そのオペラ通り35番地の「セドリック・グロレ」で行列しないと入手できなかったクロワッサンやパン・オ・ショコラといったヴィエノワズリー、全粒粉パンなどがル・ムーリスの朝食で味わえることになったのだ。ちなみに、9月21日からはレストランでサービスされるのもグロレのパンとなる。

200910-le-meurice-01-02.jpg

セドリック・グロレ(左 ©Pmonetta)と、ル・ダリの空間を映しこむ巨大な鏡の前に展示されたグロレのヴィエノワズリーとパン。

朝食のチョイスとしては「フレンチ・ブレックファースト」(46ユーロ〜)、「アメリカン・ブレックファースト」、そして喜ばしいことに、朝はあまりたくさん食べない、朝食をじっくり味わう時間がない……といった人々に誘いかけるセットも用意されている。それは「パリ・セヴェイユ(パリの目覚め)」と命名された28ユーロのセットで、グロレのヴィエノワズリー2種、ホットドリンク、フレッシュジュースという内容。パラスホテルのゴージャスな空間でシンプルながら、ポジティブな一日を過ごすことができるパワーが得られる朝食を!!

200910-le-meurice-03-04.jpg

「フレンチ・ブレックファースト」では、クリスティーヌ・フェルベールの3種のジャムとボルディエのバターでバゲットや全粒粉パンを楽しむ。©Pmonetta

200910-le-meurice-05.jpg

「パリ・セヴェイユ」(28ユーロ)で朝を始める。ル・ダリで7時から。ランチのためのテーブルセッティングが始まっても、隣のスペースで12時まで味わえる。なおヴィエノワズリーはクロワッサン、パン・オ・レザン、パン・オ・ショコラの3種から2種をチョイス。セドリック・グロレのブティックで販売されている品と味わいと軽さは変わらないが、2ついただくのにちょうどよいようにサイズは少し小ぶりだ。朝食は予約をするのが望ましい。©Pmonetta

Restaurant Le Dalí / Le Meurice
228, rue de Rivoli
75001 Paris
朝食予約 / tel:+33-(0)1-44-58-10-44
restaurantledali.lmp@dorchestercollection.com

【関連記事】
ル・ムーリス、シェフの料理とセドリックのパティスリー。
セドリック・グロレのお菓子の店に、早くも行列が。
フルーツが宝石のよう! パリのホテルの魅惑的なスイーツ。

réalisation : MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。