2月2日はクレープの日。上手に焼けるようお稽古しよう。

ニュース

クリスマスから40日後、毎年2月2日は「La Chandeleur(ラ・シャンドゥルール)」。聖燭祭と呼ばれるカトリック教徒の祝日だ。この日、教会では悪を遠ざけ、光、清らかさを象徴するキャンドルが多く灯されることから、ロウソクを意味する“chandelle(シャンデル)”が語源となっている。春の到来が感じられる2月2日に、丸い太陽のようなクレープを食べることで季節のサイクルへオマージュを捧げるようになった……という起源はさておき、この日クレープを食べることをフランス人はとても楽しみにしているのだ。

_CZ_9746-1.jpg

この日にクレープを食べた農民の畑の麦は出来がよく、食べないと凶作になるといわれたそうだ。

クレープの日が近づく、となれば、ブルターニュ人パティシエのブノワ・カステルが気持ちをはやらせるのも当然だろう。ブルターニュの田舎で祖父母に育てられた彼は、納屋で巨大なガレット焼きパンを目にした日のことはいまも忘れない。祖母からクレープを焼くことを幼い時に習った彼。その後たくさんのパティスリーに出合っても、お気に入りはいつまでたってもクレープシュゼットで、作るたび、食べるたびに彼は感動を覚えずにはいられない。

---fadeinpager---

_CZ_9725-1.jpg

クレープを焼くブノワ・カステル。聖燭祭のクレープは金貨を手の中に握り込んで焼くそうだが……。

2月2日が近づくとパリ市内の3軒のブティックでもクレープの販売を始めるが、ひと足先に彼はクラシックなクレープとクレープシュゼット2種のレシピをここに大公開。成功の秘訣は、生地を冷蔵庫でひと晩寝かせること、と彼は語る。聖燭祭をおいしく過ごすために、いまからさっそくクレープ作りの練習を!

_CZ_9768-1.jpg

ブノワ・カステルのクレープシュゼット。

---fadeinpager---

ブノワ・カステルのクレープのレシピ

●材料(約20枚分)

無塩バター 30g
小麦粉 190g
グラニュー糖 60g
塩 ひとつまみ
卵 4個
牛乳 430g
オレンジゼスト(できればビオ) 1個分
レモンゼスト(できればビオ) 1個分
アンバーラム(なくてもよい) 20g
バニラ 1さや
バニラシュガー 適量

●作り方(準備時間:20分、焼き時間:10分)※生地を寝かせる時間は除く

1. 小麦粉、砂糖、塩、バニラ、すりおろしたオレンジゼスト、レモンゼストをボールの中で混ぜる。
2. 卵を1つずつ割り入れ、均一な生地が得られるまでよく混ぜ合わせる。
3. 牛乳の1/3をバターとともに温めて、溶かす。バターが完全に溶けたら、残りの牛乳を加えて混ぜる。
4. 3にクレープ生地を少しずつ加え、よく混ぜ、アンバーラムを加える。必要ならミキサーにかける。(味わいを深めるためには、この生地を少なくともひと晩冷蔵庫で寝かせる)
5. クレープパンに油をなじませ、小さなおたまで生地を流し込んで焼く。
6. バニラシュガーをふりかけ、冷める前にサーブする。

 

ブノワ・カステルのクレープシュゼットのレシピ

●材料(クレープ20枚分)

白砂糖 180g
オレンジジュース 2個分
バター 25g
グラン・マルニエ 20g
オレンジゼスト(できればビオ) 適量

クレープの材料と作り方は上記参照。


1. 底厚鍋に砂糖を入れて火にかけ、焦がさないようにしてキツネ色のキャラメルを作る。
2. 1をオレンジジュースでのばし、バターを混ぜ、ゆっくりと溶かす。
3. そこに湯がいた細切りのオレンジゼストを加える。
4. 分量のグラン・マルニエを一気に混ぜて煮立たせ、とろりとしたシロップ状にする。
5. 上記の要領で焼いたクレープ(バニラシュガーをかける前まで)を温めて、1枚ずつシロップを絡ませて皿にのせる。
6. 残りのシロップをクレープの上からかけて、グラン・マルニエをフランベする。
Benoît Castel
72, rue Jean-Pierre Timbaud 75011
150, rue de Ménilmontant 75020
11, rue Sorbier 75020
https://benoitcastel.com

réalisation : MARIKO OMURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。