in PARISFRANCE

  • EAT・FRENCH

バター不使用の軽やかな味わい! パリの独創的フレンチ。

Hexagoneエグザゴヌ<16区>

いまパリで人気のフレンチは「伝統回帰」がキーワード。シェフの個性が凝縮されたソースで、フレンチの味わいの核心へ誘われて。フレンチのソースに不可欠だったバターに頼らない、話題店のおいしさの秘訣とは。

paris-201405-32-hexagone03.jpg

ふたつの厨房とふたつのホールを持つ店内。また新たな試みを3月にスタートする。

3ツ星店「ランブロワジー」の2代目であるマチュー・パコーが手がける店。文化遺産であるフランスの伝統料理の偉大なるレシピを新解釈し、ソース作りの定番だったクリーム、バターはほとんど使わず、肉汁を活用することで軽い味わいを実現。また、製菓の技をアレンジして採用するなど、マチューの独創性がうかがえる。フレンチ界に新たな衝撃を与えた店の実力をぜひ確かめてみて。

paris-201405-32-hexagone02.jpg

メニューには調理法と素材が明記されている。フランスの伝統菓子のひとつ「マルキーズ」作りに用いる技法を料理に応用し、卵をブランマンジェ状に仕上げた1品。ふわふわな食感が心地いい。「Marquise/ Oeuf en Blanc Manger」32ユーロ

paris-201405-32-hexagone01.jpg

酢とマスタードを使ったディアブルソースを、ブレス産鶏の胸肉に絡めて。エシャロットの風味がアクセントになっている。「Diable /Suprême de Volaille de Bresse」35ユーロ

INFORMATION

Hexagoneエグザゴヌ<16区>

85 Avenue Kléber, 75116

01・42・25・98・85

TROCADERO

12時~14時30分L.O.、19時~23時30分L.O.  休)日、月

AMEX、MASTER、VISA 

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

photos : JULIE ANSIAU,r éalisation:KAORUKO YASUDA

※掲載情報はFIGARO 2015年4月号 別冊「パリ最新アドレスブック。」 より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。