in PARISFRANCE

  • SHOP・FASHION

パリジェンヌに似合う、エレガントなコレクション。

Vanessa Sewardヴァネッサ・スワード<6区>

おしゃれなパリジェンヌたちがいま注目しているパリブランドとは? エレガントなアイテムをあえてデイリーに着こなす提案が支持される、ヴァネッサ・スワードは、パリに行ったらぜひ訪れたい。

paris-201805-90-vanessa-seward-01.jpg

バッグ、靴、ベルトなど、小物が揃うのでトータルでコーディネートも可能。フローラル柄のコンビネゾン430ユーロ、赤いワンピース490ユーロ

シャネル、アザロのデザイナーを経て、2014年に自身の名前を冠したブランド、ヴァネッサ・スワードをスタート。外交官の妻だったという彼女の母親のクローゼットには、ハイエンドなドレスと、オジー・クラークのヒッピーなドレスが混在していたそう。ドレスアップすることは、自由を謳歌する女性としての自己表現のひとつ、と語るヴァネッサ。フォーマルにも対応できるエレガントなラメのドレスを、デニムとサボと合わせてラフに着こなすという提案がパリジェンヌに支持されている。70s なムードのハイウエストデニムにも定評あり。

paris-201805-90-vanessa-seward-02.jpg

ゴールドのサンダル350ユーロ

paris-201805-90-vanessa-seward-03.jpgparis-201805-90-vanessa-seward-04.jpg

人気のフレアスカート(290ユーロ)はロングブーツ(950ユーロ)と合わせて。
バッグ「Angel」(H26×W20×D8cm)490ユーロ

paris-201805-90-vanessa-seward-05.jpg

上質なドレスにカジュアルなアイテムをミックスして、デイリーにもディナーにも着ていける服というのがコンセプトのひとつ。ドレスも特別なものにせず、デニムと合わせてデイリーに着こなして。ハンドタッチのドット柄シャツ450ユーロ、スカート750ユーロ

INFORMATION

Vanessa Sewardヴァネッサ・スワード<6区>

171, boulevard Saint Germain 75006

01・70・36・06・12

SAINT-GERMAIN-DES-PRÉS

11時〜19時 休)日、祝

AMEX、MASTER、VISA

www.vanessaseward.com

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

photos : LUCIE CIPOLLA, MARI SHIMMURA, réalisation : MASAE TAKANAKA, collaboration : MASAE TAKATA (PARIS OFFICE)

※掲載情報はFIGARO 2018年5月号より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。