Renault

南仏サントロペの「青」を表現した、ルノー カングーの限定色。

ニュース

Promotion

ヴァカンスを大いに楽しむフランス人とって、特別な街である南仏のサントロペ。この街を包み込む青い空と海にインスピレーションを得た「ルノー カングー クルール」の限定カラーが、200台限定で登場する。

190607-kangoo-real.jpg

憧れのリゾート、サントロペ。パステルカラーの壁や赤茶色の瓦屋根の奥に見えるのは、街のシンボルである教会の時計台。photo:Alamy Stock Photo/amanaimages

発売と同時に注文が殺到する人気の限定色シリーズ「ルノー カングー クルール」、第10弾となる今回のカラーは「ブルー ドラジェ」。コートダジュールの港町、サントロペに着想を得た色だ。サントロペといえば、まだ小さな港町に過ぎなかった頃に新印象派の画家ポール・シニャックが気に入り、以後はパリと並ぶ制作の拠点に。リゾート地として脚光を浴びてからは、古くはココ・シャネルやフランソワーズ・サガン、1950年代にはブリジット・バルドーやゲンズブール一家など、錚々たる文化人やスターが滞在を楽しみ、憧れのディスティネーションへと発展していった街だ。

爽やかなブルー ドラジェに変身したルノー カングー クルールとイラストを組み合わせるキービジュアルを手がけたのは、気鋭のイラストレーター、ローランス・ベンツ。カラフルなパレットを駆使してポップな世界観を描き出す彼女らしく、サントロペの海と空はルノー カングー クルールと同じ淡いブルーに、海の向こうに見える街並みは、実際の家々の壁と同じパステルトーンで描き出した。

「サントロペは子どもの頃に行ったことがあります。ヨット、眩しい太陽、日陰のテラスで飲むアーモンドシロップ水のことをよく覚えています」と言うローランス。「夢や休日を思い起こさせてくれる青という色を、自分の作品でもよく使います。このブルー ドラジェはフレッシュで可愛い色だと思う」。イラストにはちょっとした遊び心も。海に浮かぶあるヨットの船室に、風にたなびくブロンドヘアが見える。これは、サントロペで撮影された『素直な悪女』(1955年)の主演女優で、この街で毎年ヴァカンスを楽しみサントロペを世界に知らしめた功労者でもある、ブリジット・バルドーにオマージュを捧げているそう。

190607-kangoo-main.jpg

ブルー ドラジェのパステルトーンで、サントロペの街を表現。「ルノー カングー クルール」¥2,599,000(メーカー希望小売価格)6月13日発売、200台限定。

190603-Laurence-thumb.jpg

ルノー カングー クルールの後方、海に浮かぶヨットをよく見ると、風にたなびくブロンドヘアを発見!

---fadeinpager---

1998年に誕生したルノー カングーは、広い室内空間とそれを実現するユニークなフォルムを持つフランス生まれのミニバン。「Ludospace(ルドスパス=遊びの空間)」をコンセプトに作られており、広大なラゲッジスペースは旅行やスポーツ、趣味を楽しむのにぴったり。このラゲッジルームのドアが左右に開くダブルバックドアになっているのも特徴で、狭い場所でも簡単に開閉できるようになっている。

限定色シリーズのルノー カングー クルールも毎回好評。サントロペの青をテーマにしたブルー ドラジェのカングーで、今年のヴァカンスはどこへ行こう?

ルノー カングー クルールの詳細はこちら

LaurenceBentz_2019_03.jpg

キービジュアルを手がけたローランス・ベンツ。ルノー・ジャポンが協賛し、6月7日~7月13日に開催される「横浜フランス月間2019」のポスタービジュアルを手がけ、現在、日本で制作中の作品を「象の鼻テラス」にて展示予定(6月20日~7月5日)。

●問い合わせ先:ルノー・ジャポン
0120-676-365(9:00~18:00、年中無休)

 

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。