今年のクリスマスのイルミネーション

ミツコのロンドン・ウィークリー

日没時間がめっきりと早くなり、また今年も暗く,憂鬱な季節が巡ってきました。でも、暗ければ暗いなりの楽しみはあるもので、イルミネーションが美しく映えるというのも、そのうちのひとつ。

もちろん、クリスマスのイルミネーションもあちらこちらで点灯され始めました。中心部ショッピング街のオックスフォード・ストリートは5日に、リージェント・ストリートは13日にスイッチオン! ちょっとしたウキウキ感というのか、忙しなさ感というのが漂ってきています。

とは言うものの、正直、今年のクリスマスのライティングはちょっとお地味。

オックスフォード・ストリートではロビー・ウィリアムズが点灯したのですが、今年のスポンサーは意外や意外、あの好き嫌いが両極端にわかれる、超しょっぱいスプレッド「マーマイト」だし(私は好きですし、パッケージも可愛い)、傘とかサイコロみたいな形のライトは、去年も使ってなかった?とツッコミを入れたくなったし、キレイなんですけど、何だかなぁ、、、。

IMG_3258.JPG オックスフォード・ストリートの「セルフリッジズ」前のあたり。クリスマス・ライトの今年のスポンサーは酵母を使ったスプレッド「マーマイト」。イギリス人の間でも好き嫌いが分かれることを逆手に取った広告(You either love it or hate it)でおなじみですが、同ブランドのFBで登録すると、このライトの中に自分の顔写真を入れることができるようになっています。

IMG_3270.JPG この傘とサイコロみたいなヤツ、去年もキレイ!と思った記憶があるのですが、気のせい?後ろのライトに「Marmite Gold」の文字が見えますが、これがクリスマスにちなんだ限定商品(マーマイトはよくいろんな限定バージョンを出すのです)。

IMG_3143.JPG ちなみに、これがその限定商品「Marmite Gold」。クリスマスにピッタリの金粉入り(もちろん、本物ではありません)。250g入りで£5.99.

リージェント・ストリートのほうは、今年は特にスポンサーはなし。それだけに、ここ数年続いていた編み目状のライトとは見た目は違っていますけど、超シンプル。点灯式にはオリンピック&パラリンピックの「チームGB」の選手たちが登場しましたが、、、。

IMG_3275.JPG リージェント・ストリートのライトはシンプルです。ところどころに「チームGB」(イギリス選手団のことです)のロゴが入っていて、オリンピックを引きずっています。

そうなのです。今年は何と言っても、オリンピック・イヤーでした。エリザベス女王の在位60周年記念「ダイヤモンド・ジュビリー」に始まって、あのオリンピック&パラリンピックと、熱狂のビッグ・イベントが続いて、みんな何だかエネルギーを使い果たした感じ?

去年など、ハロッズやセルフリッジズでは遂に6月から既にクリスマス・コーナーが設けられていましたが(それはそれで鬱陶しかった。ハロッズなど今では1年中、クリスマス・コーナーがあります)、今年はパラリンピックが9月初旬までありましたから、当然、スタートが遅かったし、人々のキモチもさすがにそれどころじゃなかった。それくらいあのオリンピック&パラリンピックの熱気はすごかったですし、余韻にもしばし浸っていましたから。

もちろん、景気の悪さもあるでしょう。インフレ率2.7%。景気回復は当初の予測より遅く、2015年頃になるとの見方が今日、英中央銀行から発表されましたし 。わかってはいたけど、オリンピックでハデに盛り上がっている間は見ないフリしてたけど、実はやっぱり深刻な不景気だった。それを、目抜き通りのクリスマス・イルミネーションを見て確認するというのも、ちょっと悲しいものがありますが。

IMG_3246.JPGクリスマスのイルミネーションというわけではないですが、ご近所「自然史博物館」のライティングは大好きなもののひとつ。今年はブルーです。樹がかかったマズイ写真ですみません!

でも、特別な1年だった今年を振り返りながら見るクリスマス・イルミネーションというのも、またオツなもの。何といっても、(今年は例年より温かいとはいえ)寒く暗い季節の灯りは、そこにあるだけで既に美しく、ココロが華やぎますものね。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。