ホテルへBon Voyage

ザ・ホテル青龍 京都清水
京都市/京都府

ノスタルジックな小学校の面影を残す、京都の新ホテル。

ホテルへBon Voyage

2020年3月22日、京都に開業した「ザ・ホテル青龍 京都清水」は、1869年(明治2年)に下京第27番組小学校として開校し、昭和初期に現在の地に移転し新築された建物を、その歴史・文化的価値を残してスタイリッシュに蘇らせ、ホテルとなりました。いまもなおホテルや旅館の開業が続く中、ピカピカの新築ホテルとは趣を変え、古きよき小学校の面影を残して改築・増築された、映画の舞台のような雰囲気が魅力的です。

200731-seiryu-kiyomizu-01.jpg

コの字形の中央に位置するメインの建物からの夜景。旧京都市立清水小学校を改築・増築してホテルに。建物も大階段もリニューアル。

京都のカルチャーを感じながら、「かつての小学校の記憶を継承する上質なヘリテージホテル」である空間は、世界文化遺産の清水寺を借景に、京都市街を見渡せる高台に開業しました。優美なホテルの外観は、どこかアールデコ風でもあり、館内随所に元小学校の面影が残されています。

200731-seiryu-kiyomizu-02.jpg

美しく改装されたメインロビー全体。

200731-seiryu-kiyomizu-03.jpg

スーペリアキング(45.2㎡)は2タイプ。写真はモダンで上質な趣の客室。ほかに既存校舎の構造を継承したデザインの客室も。

ホテル開業に際して公に発表されたコンセプトは、「記憶を刻み、未来へつなぐ」とあります。躯体を生かした外観、館内のすり減った階段の様子、長い廊下などがそのまま残され、ランドセルを背負った子どもたちの、生き生きとした声が聞こえそうな気もしてきます。明治、大正、昭和の時代、日本の匠たちが競い合って造り上げた美しい建築も見どころでしょう。

200731-seiryu-kiyomizu-04.jpg

テラスツイン(54.5㎡)。2室だけのテラスのある特別な客室からは、八坂の塔が間近に見える。

アンティークな部分に、斬新でスタイリッシュな施設のインテリアがうまく融合され、ホテルとして新旧の魅力を体感できるワクワク感があります。随所に飾られているアートは、当時の小学生のさまざまなシーンを想って制作されたもの。アーカイブに飾られた数々の“思い出の品”も、訪れたゲストの心を温めてくれるはずです。

200731-seiryu-kiyomizu-05.jpg

ゲストラウンジ。宿泊者専用のラウンジは自由に使え、時間によってスイーツのサービスなど。カクテルタイム(オードブルなどの軽食)は17時~22時。

ホテルのすぐ近くには法観寺の八坂の塔が立ち、また観光地として人気の高い清水寺が近く、散策をするのも楽しみです。以前、校庭として使われた広い土地は、いまは芝生に覆われ、ホテルのガーデンとして使われています。その木立の一角には昔のままの真っ赤な郵便ポストが立ち、郷愁をそそられます。

200731-seiryu-kiyomizu-06.jpg

小学校時代、講堂として使われていた開放的な空間を利用して造られたプライベートバス。「清水」「山鳩」「桜」をテーマにした個室3種がある。

客室は全部で48室。それぞれに趣が異なり、既存の建物の中にクラシックな趣の34室、増築された新しい客室棟にはモダンな客室が14室造られました。軽食や喫茶、朝食を提供するライブラリーのようなレストラン、そして夕食は24時間のインルームダイニングのほか、敷地内に立つ別棟のスペシャルな「ブノワ 京都」で楽しめます。また、ここでは宿泊客以外のゲストも歓迎、世界各地でミシュランの星付きレストランを展開するデュカス・パリが、京都で味わうフレンチの本格的ビストロ料理をランチとディナーで提供しています。

200731-seiryu-kiyomizu-08.jpg

「restaurant library the hotel seiryu」は1,100冊を超える書籍に囲まれた空間は軽食と喫茶、朝食もできるライブラリー・レストラン。

200731-seiryu-kiyomizu-09.jpg

朝食はアメリカンブレックファスト、または和朝食。さらに本日の小鉢などをビュッフェスタイルで提供。

もうひとつ、テンションの違うダイナミックなルーフトップバーが人気です。360度の展望があり、京都の街全体を見渡せるほか、山側には清水寺をはじめ、すぐ近くに迫りくる法観寺の八坂の塔は圧巻の眺めです。美しい夕焼けに旅情を感じながら、ルーフトップバーで過ごす京都の夕暮れ時、ディナー前のカクテルタイムなど、心静かに過ごす大人の時間が素敵です。ひと昔前の京都のライフスタイルを感じながら、未来へと継承する新しいホテルでは、「千年の都・京都」のイメージとは一味違う滞在が約束されています。(K.S)

200731-seiryu-kiyomizu-07.jpg

人気のルーフトップバーは夕暮れ時が素敵。

ザ・ホテル青龍 京都清水
京都府京都市東山区清水2-204-2
tel:075-532-1111
客室数:48室
室料:プラン「Go To Kyoto」¥57,500(1室2名)、ほか多数のプランを用意
施設:ライブラリー・レストラン、ルーフトップバー、ブノワ 京都(別棟)、ゲスト専用ラウンジ、プライベートバス3室、ほか
アクセス:京都駅からタクシーで15分。
www.seiryukiyomizu.com

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

※無断転載禁止

【関連記事】
京都の新名所! 小学校を保存活用したホテルと、アラン・デュカスのビストロ。
京町家の伝統と現代性を融合、ひらまつの都市型ホテル。
日本の美意識を五感で体験する、京都の隠れ家ホテル。

せきねきょうこ

Kyoko Sekine

ホテルジャーナリスト

スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。

http://www.kyokosekine.com

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。