ホテルへBon Voyage

フォーシーズンズホテル東京大手町
大手町/東京都

新たなフォーシーズンズホテルが大手町にオープン。

ホテルへBon Voyage

カナダのトロントに本部を置く世界的なラグジュアリーホテルチェーン「フォーシーズンズ ホテル アンド リゾーツ」。かつて第1号のホテルを本拠地のカナダにオープンして以来、60周年を迎えます。グローバルに展開するフォーシーズンズホテルは、2020年9月1日、今度は東京大手町に「フォーシーズンズホテル東京大手町」をオープンしました。日本では丸の内、京都に次ぐ3軒目のホテルとなりました。

2010xx-fs-otemachi-01.jpg

39階のロビー&ラウンジのエリアには水場も造られている。

当ホテルは、「Otemachi One タワー」と「三井物産ビル」からなる「Otemachi One」のハイライト的な存在。ビルの3階と34~39階に位置し、客室総数は190室が用意されています。最上39階のロビー階からは、東京のパノラマが楽しめます。皇居の緑をはじめ、周囲のインテリジェントビル群、東京湾、富士山も遠望することができる絶景に囲まれています。

2010xx-fs-otemachi-02.jpg

「ザ ラウンジ」ではゆったりと東京の街並みを見ながらティータイム。

エレガントなインテリアのロビーエリアなど公共の場と、客室をデザインしたのは、アジアのラグジュアリーリゾート「アマン」のデザインで知られるインテリアデザイナー、ジャン=ミシェル・ギャシー率いるデニストン・インターナショナル・アーキテクト・アンド・プランナーズが担当しました。ギャシー氏の独特な感性によるモダニズムは、このフォーシーズンズホテルのロビーにダイナミックでありながらエレガントな雰囲気を漂わせ、訪れる人々をフォーシーズンズらしい世界に誘ってくれています。

2010xx-fs-otemachi-03.jpg

プレミアムスイートの寝室。

2010xx-fs-otemachi-04.jpg

フォーシーズンズスイートの贅沢なバスルーム。

また、同じく39階のレストランエリアでは、世界有数の高級ホテルでダイニングやラウンジなどを手がけてきたデザインスタジオSPINが、高級感とカジュアルな空気感を上手にミックスさせています。特に、皇居の森を望む快適なアウトドアテラスと、ライブ感にあふれる4つのオープンキッチンを備えたイタリアンダイニング「ピニェート(PIGNETO)」は、開業日以来、ゲストの絶える間がないほどに賑わっています。石窯で焼かれる自慢の本格ピッツァをはじめ、旬の食材が生かされたイタリア料理は、見た目もきれいで食欲がそそられ、斬新なおいしさにあふれています。テーマは「アボンダンツァ(豊潤な人生)」と掲げ、イタリア料理らしい、豪華ながら気取らないファミリースタイルが喜ばれているようです。

2010xx-fs-otemachi-05.jpg

ダイナミックなイタリア料理が楽しめる「ピニェート」には快適なテラス席が造られ、夕陽を眺める最高の場所に。

2010xx-fs-otemachi-06.jpg

コンテンポラリーフレンチ「エストest)」の店内。

ほかにも、ミシュランの星に輝くシェフ、ギヨーム・ブラカヴァル氏が手がけるコンテンポラリーフレンチ「エスト(est)」、そしてオリジナルカクテルが人気のバー「ヴェルテュ(VIRTÙ)」など、贅沢なインテリアの施設が揃い踏みです。また、ラウンジでは数多くの日本茶セレクションが用意され、ティーマニアにはたまりません。イタリアン以外はまだ未体験ゾーン、これからディスカバーしようと思っています。

2010xx-fs-otemachi-07.jpg

2010xx-fs-otemachi-08.jpg

「est」の繊細で美しい料理から、季節の旬の食材をいただくひと皿と、魚料理。

2010xx-fs-otemachi-09.jpg

オリジナルカクテルが人気のバー「ヴェルテュ」はエレガントな大人の空間。

宿泊客は客室フロアから直通のエレベーターでアクセスできる39階のザ スパに向かうと、20mプール、最新機器の並ぶフィットネスセンター、5つのトリートメントルームが揃っています。トリートメントの始まりと終わりを告げる“ORIN”の音色は、スタート時にはワクワクする期待感に包まれ、終わりを告げる音色は瞑想の世界から現実に戻してくれる合図となり、心身がリセットされます。ときには、こうしてラグジュアリーな空間で“無”になる贅沢な時間が、現代人には最もフィットするのかもしれません。

2010xx-fs-otemachi-10.jpg

プライベートに楽しめるスイミングプール。

フォーシーズンズホテル東京大手町
東京都千代田区大手町1-2-1
tel:03-6810-0600
客室数:190室
室料:要問い合わせ(Go To トラベルなど複数プランのため)
施設:レストラン(フランス料理、イタリア料理)、ラウンジ、バー、プール、スパ、フィットネスジム、ほか
www.fourseasons.com/jp/otemachi

※無断転載禁止

【関連記事】
日本橋に誕生、街の活性化をうたうホテルの新潮流。
沖縄の魅力が詰まった宝石箱「星のや沖縄」誕生!
 

せきねきょうこ

Kyoko Sekine

ホテルジャーナリスト

スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。

http://www.kyokosekine.com

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。