ホテルへBon Voyage

ノーガホテル 秋葉原 東京
秋葉原/東京都

地元・秋葉原から文化を発信するホテルが誕生。

ホテルへBon Voyage

秋葉原といえば、やはり伝統的な電気街が頭に浮かんできます。そしていまや、アニメやアイドル、メイドカフェなど、さまざまなサブカルチャー発信の街としても知られています。さらに近年では、個性的でリーズナブルなホテルも多く点在するようになりました。しかし、いま私が注目しているのは1軒のホテル、2020年9月1日に開業を迎えた「ノーガホテル 秋葉原 東京」です。ここを拠点に、秋葉原に新しい潮流が生まれそうな気がしています。

このホテルは秋葉原の中心地を通る賑々しい中央通りから、細い道を曲がってすぐ、静かで便利な場所に立っています。さすがに静かとはいえ、住宅地のようなわけにはいきません。なんたってここは秋葉原。ホテルが立地する西側道路は通称“ジャンク通り”と呼ばれ、コアな趣味人が通う通りですし、庶民派の小さなレストランは有名どころがずらり点在しています。こんな秋葉原の街に注目したのが、ノーガホテル 秋葉原 東京のオーナーである大手不動産会社、野村不動産なのです。約2年前に上野に同名の1軒目のホテルを開業し、2軒目として秋葉原を目指しました。コンセプトには「地域との深いつながりから生まれる素敵な経験」を掲げ、地域性を前面に出し、地域とともに成長しようと、若いスタッフたちは笑顔とバイタリティでホテルを盛り上げているのです。

201104-hotel-01.jpg

ホテルの前景。現在は入口前のフローリングにテラス席が造られてお茶やPCワーク、会社帰りのビジネスマンの寛ぎの場に。

メインエントランスの前には、ゲストの流れを注視しながら最近セッティングされたテラスがあり、帰りがけのビジネスマンがビールを飲んだり、女性がカフェタイムを楽しんだり、またパソコンで仕事をする人も見られ、植栽に包まれた快適な場所となっています。

201104-hotel-02.jpg

エントランスを入るとこの楕円形のしゃれたカウンターがある。吹き抜けの2階には、植栽に彩られたプライベート感あふれる快適なテラス席があり、パーティプランなどに。

客室は120室。室内はシンプルながら、メイドインジャパンのクオリティにこだわる家具や調度品が置かれ、ホッと肩の力が抜ける快適さがあります。施設としてはロビーギャラリー、レストラン、バー、スタジオ・テラス、フィットネスを備え、宿泊者以外もレストランやバー、ロビーギャラリー、スタジオ・テラスは使用可能です。また、音楽にこだわるホテルですから、館内隅々に、また全室にもこだわりのスピーカーが設置され、どこにいても心地よい音楽が楽しめるのです。

201104-hotel-03.jpg

スーペリアダブルの客室(21㎡)。Bluetoothスピーカー(ジェネバ社製)搭載。

201104-hotel-04.jpg

デラックスツイン1001号室(35㎡)はホテル内で最も広い客室。Bluetoothスピーカー搭載。各部屋によりスピーカーメーカーは異なる。

201104-hotel-05.jpg

音楽文化を担ってきた秋葉原らしく、館内の各所で高音質を誇るオーディオ体験が可能。写真は901号室の「Bang&Olufsen Beolob 18」の貴重な1977年製造のヴィンテージスピーカー。

ホテルは食にもこだわりました。レストランはMOTHERSと提携し、イタリアから運んだという大きな薪窯で焼きたての全粒粉ピッツァを提供する「ピッツェリアアンドバー ノーガ(PIZZERIA & BAR NOHGA)」が好評を呼んでいます。食材にもこだわり、日本の旬の食材を使いながら、イタリア料理を軸にした“スパニッシュイタリアン”が提供されています。宿泊した翌朝にいただいた、薪窯で焼き上げたアツアツのフォカッチャは、香ばしくておいしかったです。大きなフォカッチャは、ピタパンのように中に野菜やハムを挟んで食べられますが、食べきれない場合は持ち帰り用の袋が用意されています。

201104-hotel-06.jpg

オールデイダイニングのレストランは“スパニッシュイタリアン”。カジュアルなバーゾーンと、ピザ釜の見えるオープンキッチンのレストランゾーンで構成。朝食もここで。

201104-hotel-07.jpg

エッグベネディクト、オムレツなど選べる卵料理と、イタリア製の薪釜で焼きあげるフォカッチャが香ばしくておいしい。

またアートについて、ホテルでは「(中略)街の再解釈を試みた現代アート作品を常設・企画展を通して発信」とうたい、多彩な作品が宿泊客を迎えます。さらに近隣地域の職人さんやデザイナーさんと組み、オリジナルのプロダクトも制作しています。さまざまに配慮され、充実したホテル内容の中には地球環境への取り組みもあり、調達電力のCO2排出量ゼロ化を行うグリーン電力を導入しているといいます。未来を見つめるホテルの“間口の大きさ”を感じました。

201104-hotel-08.jpg

吹き抜けのワイヤーアートは寺山紀彦の作品。その裏に見えるヴィンテージミラーには大型のスクリーンが仕込まれていて、さまざまなイベントにも対応。

201104-hotel-09.jpg

エントランスを入ったところの壁に飾られているのは、ラファエル・ロドリゲスのデザインにより、ホテルカラーにカスタマイズされたFoot Ball Table (TISTOU)。

201104-hotel-10.jpg

小林一毅(Ikki Kobayashi)の作品。1992年生まれの若い作家は多くの賞を受賞し活躍。

ノーガホテル 秋葉原 東京
東京都千代田区外神田3-10-11
tel:03-6206-0569
客室数:全120室
室料:要問い合わせ(参考価格:¥12,273~)
施設:レストラン、バー、テラス、フィットネス・スタジオ、ほか
https://nohgahotel.com/akihabara

※無断転載禁止

 

せきねきょうこ

Kyoko Sekine

ホテルジャーナリスト

スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。

http://www.kyokosekine.com

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。