【香港発】美しい孔雀の精が舞い踊る、妖艶なバー。

Hong Kong

HONG KONG/Bar

古びた鳥かご店の裏に潜むのは、美女の姿をした孔雀の精が戯れる麗しき魔界――そんな幻想的な設定に誰もが酔いしれるバーが湾仔に登場。バンコクに次々と圧倒的なクリエイティブスポットを生み出している鬼才のデザイナー、アシュレー・サットンの香港初進出店としても注目されている。60万枚以上の孔雀柄タイルからすべて手描きという完璧主義が、非日常空間の迫力を盛り上げる。
 甲斐美也子(在香港ジャーナリスト)

01-hongkong-160929.jpg

このエリアで毎晩21時からダンスパフォーマンスが始まる。 photos : MIYUKI KUME

02-hongkong-160929.jpg

フルーティで淑女好みのカクテル揃い。テキーラベースに自家製ザクロリキュールも加え、鳥かごに入れた華やかカクテル「チョンサム」130香港ドル photos : MIYUKI KUME

 

Ophelia/オフィーリア

41A, 1F The Avenue, Lee Tung Avenue, 200 Queen's
Road East, Wanchai, Hong Kong
Tel.852・2520・1117 
営)18時~翌2時(火~木) 18時~翌4時(金~土)
休)日、月
www.facebook.com/opheliahongkong

*1香港ドル=約13円(2016年9月現在)
*『フィガロジャポン』2016年9月号より抜粋

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。