【香港】地産食材×英国有名シェフのコラボレーション!

Hong Kong

元イギリス領でありながら、あまりおいしいイギリス料理の店が見当たらなかった香港で、最近、有名シェフが率いるモダンブリティッシュの香港出店が相次いでいる。なかでも評価が高いのが、イギリス人シェフ、サイモン・ローガンの「ローガニック」だ。

190604-DSC05838.jpg

賑やかな街の隠れ家のような店。8コース(680香港ドル)、10コース(980香港ドル)のトライアルメニューに、3コース(280香港ドル)のランチ限定メニューを用意。

旬の食材のフレッシュな風味と鮮やかな色合いを最大限に引き出した料理は、一見シンプルなプレゼンテーションながら、口に入れるとほのかな甘みやクリーミーな食感が広がり、シェフの細やかな工夫を感じられる。

190604-DSC05813.jpg

コース料理より、ギネスビールのアイスクリームに、エスプレッソで作ったモラセス(糖蜜)をのせて、牛乳の薄焼きをあしらった新感覚のデザート。

本国イギリスでは、湖水地方にある自家農園で栽培した野菜をたっぷりと使うのが同店のコンセプト。香港への出店にあたり、小規模ながら良質な食材を作る地元農家と契約し、香港ならではの味覚も提供する。ケールと地鶏のメイン料理は、香港産カブをピクルスにしたりピューレにしたりした逸品。さまざまな味覚が融合したやさしい味わいを堪能できる。

190604-DSC05802.jpg

コース料理より、メインディッシュ「Chicken, Leek, Turnip」。カブのピクルスの上にのった英国産ケーパーが、ほどよい味のアクセントに。

香港でしか味わえない、洗練された英国伝来の味を楽しみたい。

Roganic Hong Kong/ローガニックホンコン
UG08, Sino Plaza, 255 Gloucester Rd, Causeway Bay, Hong Kong
tel:852・2817・8383
営)12時~14時、18時~22時
休)月
www.roganic.com.hk

●1香港ドル=約14円(2019年6月現在)

réalisation:MIYAKO KAI

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。