【香港発】香港の歴史を紐解く、新鮮なシーフードに舌鼓。

Hong Kong

 HONG KONG/Restaurant

 

かつて小さな漁村だった香港。アラン・デュカスの下で修業し、いまは人気シェフとなったオーナーが、地元の漁師から稀少な海産物を毎日直接仕入れる。その食材を最大限に生かした、フレンチやイタリアンなどの枠を超えた創造性豊かな味とプレゼンテーションを堪能したい。その店名の通り、香港の古い文化を舌から楽しく学ぶことができる。

160318-wt-Hongkong01-w350px.jpg

洗練されているけれども気取らないインテリア。

 

160318-wt-Hongkong02-w350px.jpg

海産物はもちろん、地産の有機野菜も用いた美味しさが冴え渡る。イカのグリルのケールピューレとナスタチウム添え165香港ドル。生蟹とウニのマリネご飯185香港ドル

 

Fish School/フィッシュ・スクール

100 Third Street, Sai Ying Pun, Hong Kong
TEL:852・2361・2966
営)18時〜22時30分 L.O.
休)月
www.fishschool.hk

kai120px-hongkong-worldtopic.jpg甲斐美也子(在香港ジャーナリスト)

女性誌編集者として勤務後、ヨーロッパ在住を経て香港在住9年目。雑誌を中心に寄稿し、キャセイパシフィック航空の公式HP「香港スタイル」でも連載中。個人ブログはhttp://hk-tokidoki.com

 

 

*1香港ドル=約15円(2016年3月現在)
*『フィガロジャポン』2016年3月号より抜粋

photos:MIYUKI KUME

CITY

CITY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。