【ロンドン】カクテルの概念を覆す、鬼才のバーが新登場!

London

ロンドンは多彩なカクテルが楽しめる街。既製品には頼らずに、自ら素材の原料から手がけて個性あふれる味を作り出すバーテンダーたちが、いまのカクテルシーンをリードしている。

そのひとりがライアン・チェティヤワーダナ(通称ミスター・ライアン)。彼が手がけるバー「ダンデライアン」は、昨年末にワールド・ベストバー50で見事1位を獲得。しかしその名誉ある受賞からたった半年で閉店(!)し、同じロケーションに、まったく異なる新しいコンセプトのバー「ライアネス」をオープンした。

190418_Lyaness_PainKiller.jpg

「インフィネイト・バナナ」にジン、ラム、トーストしたココナッツなどを合わせ、トロピカルに仕上げた「ダブル・ペインキラー」13.50ポンド

ベースとなる酒で分類する従来の方法とは異なり、メニューを分けるのは、カクテルの核となるオリジナル素材7種だ。たとえば実や皮から抽出した濃厚なエッセンスで、これまで多く使われていた人工的なバナナの味とは一線を画す「インフィネイト・バナナ」。ウイスキーメーカー「コンパス・ボックス・ウィスキーズ」とコラボで生み出した「オールド・ファッション・ウィスキー」。ラズベリーの品種や成分を分析して味と香りを際立たせた「ウルトラ・ラズベリー」……ユニークなラインナップは、かつてエディンバラ大学で生物学と哲学を学んだミスター・ライアンならでは。これらを使って作られた21種類のカクテルが堪能できる。いままで体験したことのない、未知の味の世界に誘ってくれるはずだ。

木曜から日曜の午後だけ楽しめる、カクテルとペアリングしたアフタヌーンティーも人気。世界中の同業者たちがいまもっとも注目するここで、至福のひとときを堪能したい。

190418_Prelude.jpg

「プレリュード」は、スモークやシトラスなどのアクセントを加えたパイナップルに、ウォッカをプラスしたドライでクリーンな味が魅力。13.50ポンド

190418_Lyaness_interior(3).jpg

バーが位置するのは、トム・ディクソンがインテリアを手がけたデザインホテル「シー・コンテイナーズ・ロンドン」内。テムズ川を望むロケーションもよい。

Lyaness
ライアネス
Sea Containers London, 20 Upper Ground, London SE1 9PD
Tel:+44 (0)203-747-1063
営)16時〜翌1時(月〜水) 12時〜翌2時(木〜土) 12時〜翌0時30分(日)
無休
https://lyaness.com

※1ポンド=約148円(2019年4月現在)

réalisation:MIYUKI SAKAMOTO

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。