【ソウル旅】韓国の美意識が詰まった洗練のステイ。

Seoul

SEOUL/Hotel

Owall Hotel/オウォル・ホテル

韓国の美意識やミニマリズムを詰め込んだようなブティックホテルがこちら。空間デザイナーで建築家のキム・ベクソンが、照明やタオルなど細部にいたるまですべてを設計。このホテルが彼の遺作となった。単に宿泊する場所ではなく、暮らす家を意識して設計されており、全客室がハウスと名付けられている。アーティストの展示が催される、併設ギャラリーにも注目だ。
鄭 慈卿(在ソウルエディター)

1809xx-seoul-01.jpg

東洋の庭をイメージしたシックな客室、ガーデンハウス350,000ウォン〜

1809xx-seoul-02.jpg

開放的で落ち着いた雰囲気の浴室。バスアメニティは、キム・ベクソンがイタリアブランドのファンティーニとコラボしたもの。

Owall Hotel/オウォル・ホテル

27 Eonju-ro 85-gil Gangnam-gu 06222 Seoul
tel:82・(0)2・557・5001
全32室
シングル250,000ウォン〜
http://owallhotel.com

※100ウォン=約10円(2018年10月現在)
*『フィガロジャポン』2018年10月号より抜粋

photos : CHOI YOUNG-ROK

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。