【パリ】アライアのアトリエがブックストアに変身!

世界の最新情報

昨年他界したクチュリエ界の巨匠、アズディン・アライア。彼がアトリエとして使用していたアパルトマンが11月、ブックストア「ラ・リブレリー・ドゥ・ラソシアシオン・アズディン・アライア」としてオープンして話題になっている。

181100-paris-03.jpg

アライアのアトリエを改装したブックストア。左の棚はジャン・プル―ヴェ、天井の照明はセルジュ・ムイユのもの。photo:Andrea Aversa 

ブックストアに並ぶのは、サラ・ムーンやピーター・リンドバーグなど大御所フォトグラファーの写真集から、デザインやアート、カルチャー系の書籍。絶版になっているものやレアな写真集も豊富で、アートコレクターでもあったアライアの貴重なコレクションを堪能できる。ジャン・プルーヴェ、ピエール・ポランなど、アライアがコレクションしていたインテリアも圧巻だ。

181100-paris-07-1.jpg

家具やアートもアライアの貴重なプライベートコレクションが使われている。photo:Andrea Aversa 

アライアは生前、アトリエやクリエイションだけでなく、長年収集してきたプライベートなアートコレクションまで、多くの人に見てもらえる場を提供したいと考えていたという。2007年には、長年の友人であるカルラ・ソッツァーニ(ディエチコルソコモ創業者・ギャラリスト)と、パートナーの画家クリストフ・ヴォン・ウェイとともにアソシエーションを立ち上げ、3人のうち誰かが先に旅立つようなことがあれば、残ったメンバーで次世代にクチュリエの手仕事を引き継ぐためのミュージアムを作ろうと計画していた。現在はアズディン・アライア財団と名をあらためて、若手クリエイターのサポートに力を注いでいる。

181100-paris-01.jpg

写真集やアズディン・アライア財団のオリジナルグッズも並ぶ。photo:Andrea Aversa 

このブックストアだけでなく、アパルトマン全体をアライアのミュージアムとして一新させる計画が着々と進められているという。2019年には、アライアのポートレイト写真が飾られたカフェもオープン予定だ。

La librairie de l’Association Azzedine Alaïa / ラ・リブレリー・ドゥ・ラソシアシオン・アズディン・アライア

18, rue de la Verrerie 75004 Paris
tel:+33-01-42-74-49-66
営)11時〜19時

 

réalisation : MIHOKO NAKAMURA

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。