【パリ】人気パティスリーのノスタルジックなサロン・ド・テへ。

世界の最新情報

パリのサロン・ド・テといえば、有名店やホテルのティールームが中心だったが、実力派パティシエがこぢんまりと開くサロン・ド・テが増加中だ。2015年に登場した小さなパティスリー「ボントンパティスリー」は、昨年末、ブティックの中庭にサロン・ド・テをオープンさせ、話題となっている。

この店を手がけているのは、8区出身のパリジェンヌ姉妹。パティシエのフィオナ・ルリュックは、もともと大好きだった菓子作りを仕事にしたいと、15年勤めた銀行から転職して菓子作りの道へ。フォトグラファー兼アートディレクターである妹のファティナとともに、この店をスタートさせた。母の手作り菓子で育ったふたりが提供するのは、甘さを抑えた家庭の味わい。季節のフルーツをふんだんに使用したタルト、風味豊かなクリームを挟んだサブレなど、愛らしい見た目も評判で、瞬く間にパリで人気となった。

中庭に新設されたサロン・ド・テは、ノスタルジックな雰囲気を醸し出す。テイストは異なるものの統一感のあるリモージュで揃えた食器やカトラリー、シックなヴィンテージのインテリア……幼い頃から大好きだった母のテイストが、あちこちに散りばめられているという。ランチも楽しめ、週末にはブランチも用意。工程から仕上げまで、すべてのメニューをサロン・ド・テの地下のアトリエで作っており、ベストな状態で提供することに力を注いでいる。甘いミルクの香りが漂う、風味豊かなミルキーウーロンティーも人気だ。おいしいスイーツとともに、ゆったりとした時間を楽しみたい。

190122-paris.jpg

ランプはすべて1950年代のヴィンテージ。食器もリモージュのアンティークを買い集めているそう。

190122-tomatos.jpg

ランチで人気のトマトコンフィのタルト・サレ(14ユーロ)。リコッタチーズに黒オリーブのタプナードと相性抜群の甘いトマトがたまらない。サクサクのパイ生地も味わいたい。

190122-citron.jpg190122-tartes.jpg

サクサクのサブレ生地と季節のフルーツが自慢のタルト。レモンを使用したケーキは常時4種類。季節のタルトは、モンブラン、オレンジ、イチゴ、洋ナシなどフレッシュな味覚を味わえる。左はシシリアのビオレモンとマダガスカル産バニラのタルト「ラ・マルグリット」、右はガリベットフレーズとバニラのタルト「ラルグレス」(イートイン各10ユーロ~)

190122-bontemps.jpg

ミニサブレにサンドされたレモンタルトやバナナ、パッションフルーツなども人気。ミニサブレ(イートイン4ピース8ユーロ)

Bontemps Patisserie/ボントンパティスリー

57 rue de Bretagne, 75003, Paris, France
tel:01・ 42・74・10・68
営)11時00分~19時00分L.O.(水~金) 10時00分〜19時00分L.O.(土) 10時00分〜18時00分L.O.(日)
休)月、火
www.facebook.com/bontempspatisserie

réalisation : MIHOKO NAKAMURA

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。