【ロンドン】ロイヤルファミリーゆかりのB&Bがオープン!

世界の最新情報

16世紀からの長い歴史を持ち、近年ではエリザベス女王の母・故エリザベス皇太后が愛した別荘としても知られているスコットランドのメイ城。その建物の一部が、チャールズ皇太子のプリンスズ・トラストによって、ラグジュアリーなベッド・アンド・ブレックファスト「ザ・グラナリー・ロッジ」に生まれ変わった。

190614-Castle-of-Mey.jpg16世紀に建てられた、スコットランドのメイ城。photo:John Baikie

190614-HRH-The-Prince-Charles-attends-the-opening-of-The-Granary-Lodge-at-Castle-of-Mey,-1.5-(6)-min.jpg毎夏訪れているというほど、チャールズ皇太子の思い入れは強い。photo:John Baikie

ふたつのスイートを含む計10部屋のゲストルームは、パステルブルーを基調とした爽やかで落ち着いた空間。壁に飾られたボタニカルアートや効果的にあしらわれたフラワープリントで、英国らしい内装に仕上げている。スコットランド最北端にあるため、パブリックスペースのドローイングルームからは、東に北海と、西に大西洋、北にはオークニー諸島を望む絶景も楽しめる。

190614-Castle-of-Mey-bedroom-3.jpgパステルブルーとフラワープリントで、気品が漂う客室。photo:John Baikie

190614-Castle-of-Mey-gallery-wall.jpg壁に飾られた写真で、ロイヤルファミリーの歴史を辿ってみたい。photo:John Baikie

エリザベス皇太后は「忙しい日常から逃れるため」に、毎年8月の3週間と10月の10日間をメイ城で過ごしたのだとか。現在は、チャールズ皇太子夫妻が毎夏滞在している。ロイヤルファミリーゆかりの城の瀟洒な宿で、ひとときのプリンセス気分を満喫したい。

190614-Castle-of-Mey-Drawing-Room.jpgラグジュアリーなパブリックスペースで、リラックスしたひとときを。photo:John Baikie

The Granary Lodge Bed and Breakfast/ザ・グラナリー・ロッジ
The Castle of May, Thurso, Caithness, KW14 8XH
tel : +44(0)1847 85 1692
キングダブル145ポンド〜
www.castleofmey.org.uk/hospitality/granary

※1ポンド=約137円(2019年6月現在)

réalisation:MIYUKI SAKAMOTO

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。