【ロンドン】鮮やかなリバティプリントのコレクションがスタート!

世界の最新情報

老舗デパート「リバティ」が、シグネチャーの可憐なプリントファブリックを大胆に使ったリバティ・ロンドン・コレクションを今年10月からスタート。デザイナーを務めるのは、アレキサンダー・マックイーン本人がデザイナーだった頃に同ブランドで経験を積んだホリー・マーラー。コレクションは季節に合わせて、年4回ほど発表予定だ。

190724-01.jpg

---fadeinpager---

190724-02.jpg

---fadeinpager---

190724-03.jpg

2020年春コレクションのインスピレーション源は、1930年代に新たな価値観を求めてアートや文学の分野で活躍した「ブルームズベリー・グループ」の女性たちだ。リバティプリントの代名詞ともいえる最高級のコットン生地「タナローン」や高品質のシルクに、リバティの資料室に眠っていた4万5千以上のアーカイブから選んだデザインをアレンジしてプリント。それらをふんだんに使ったシャツやジャケット、ニットからイブニングドレスまで、45点のコレクションを展開する。

---fadeinpager---

190724-04.jpg

---fadeinpager---

190724-05.jpg

---fadeinpager---

190724-06.jpg

ランウェイでは、リバティプリントならではの目も覚めるような色と柄の魅力を最大限に活かした絶妙なカッティングの服に、フォークロアなテイストが効いた小物で独自の世界観を表現。「リバティで仕事をするのは私の夢でした。長年の歴史が作り上げた素晴らしいアーカイブに、新たな息吹を吹き込むことができて光栄です。クリエイティブで美しいものを愛し、細部までデザインを楽しむ。そんなちょっとエキセントリックなファッショニスタの心意気に応えられるようなコレクションにしました」とマーラーは話す。

---fadeinpager---

190724-07.jpg

---fadeinpager---

190724-08.jpg

---fadeinpager---

190724-09.jpg

Liberty London/リバティ・ロンドン
Regent Street, London W1B 5AH
tel:+44・20・7734・1234
営)10時〜21時(月~土) 11時30分〜18時(日)
無休
www.libertylondon.com

réalisation:MIYUKI SAKAMOTO

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。