【ストックホルム】ユニークなパティシエの店が続々オープン!

世界の最新情報

天然酵母パンの流行が落ち着いた中、ストックホルムでは個性あふれるパティスリーが続々とオープン。ユニークな経歴を持つパティシエの手がける3軒を紹介。

凄腕が作るスイーツは、フルーツたっぷり。|バーク

栗のガーデンと名付けられた文化保存指定の建物を一部改装してオープンした「バーク」。オーナーのふたりは、ノーベル賞晩餐会のデザートを担当していたという華やかな経歴の持ち主。地元産のベリーなど、季節の旬な素材を生かしたスイーツを得意とする。サワードウのサンドウィッチをはじめ、ランチも充実しているのがうれしい。

190925-IMG_5656.jpg

店の目の前の広場では、ゆっくりフィーカを楽しめる。

190925-IMG_5650.jpg

フルーツのスイーツはボリュームも満点。

BAK/バーク
Söndagsvägen 3, 12360 Farsta
tel : (0) 8・656・2020
営)7時~18時(月~金) 8時~16時(土、日)
休)祝、不定休
https://bak.se

---fadeinpager---

目も舌もおいしい、アートなスイーツ。|フォッシュ・アーティザン・パティスリー

フランス人のスターパティシエと、スウェーデン人の分子遺伝学生物学者のカップルが生み出すのは、まるでアートのような美しいスイーツ。サステナビリティも考慮し、フルーツの皮など不要な部分や余剰素材をデコレーションに使用する。

11月には、ヴァーサスターン地区の大通りに2店舗目をオープン予定。現在の店舗の倍以上の広さの約40席ということで、さらに話題を呼びそうだ。

190925-IMG_5673.jpg

デコレーションにもこだわった、愛らしい見た目のスイーツ。

190925-IMG_5671.jpg

北欧らしいモダンな内装で、居心地よい店。

Fosch Artisan Pâtisserie/フォッシュ・アーティザン・パティスリー
Löjtnantsgatan 8, 115 50 Stockholm
tel : (0)8・528・000・77
営)7時30分~18時(火〜金) 8時~17時(土) 9時~17時(日)
休)月、祝不定休
https://fosch.se

---fadeinpager---

アメリカ×スウェーデンの融合をテーマに。|ミスター・ケーク

テレビでも活躍する菓子職人がタッグを組んだこの店のコンセプトは、アメリカンなスイーツとスウェーデンのフィーカのミックス。スウェーデン第2の都市ヨーテボリに2店目をオープンしたばかりだ。
ケーキはビッグなアメリカンサイズが特徴。クリームチーズのアイシングが中に隠れているレッドヴェルヴェット・クロワッサンがシグネチャーだ。

190925-IMG_5691.jpg

店内にはビッグなサイズのケーキが並ぶ。

190926-IMG_5687.jpg

レッドヴェルヴェット・クロワッサン48Sクローネ。

MR Cake/ミスター・ケーク
Rådmansgatan 12, 114 25 Stockholm
tel : (0)8・400・171・90
営)7時30分~18時(月〜金) 9時~18時(土、日)
休)祝不定休
https://mrcake.se

※1Sクローナ=約11円(2019年9月現在)

réalisation : SAKIKO JIN

CITY

CITY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。