新時代をともに過ごしたいタイムピース

【新作時計】軽やかな「ギャロップ」が、エルメスからお目見え。

特集

Hermès

エルメスのまったく新しいウォッチ・コレクションとして登場したのが「ギャロップ ドゥ エルメス」である。手がけたデザイナーは、ロサンゼルス生まれでスイス・ローザンヌに学んだイニ・アーシボング。馬具商をルーツとするエルメスらしく、鎧(あぶみ)の形を採るフォルム。しかも横から見ると、宇宙船を想わせる大胆な造形だ。これは、イニ自身がエルメスのコンセルヴァトワールに収蔵された馬具から、直接にインスパイアを受けたものだという。大きさが均等ではないユニークな文字盤のタイポグラフィは、“8”を鎧の形にメタモルフォーゼさせるユーモアも忍ばせている。マテリアルはステンレススチールとピンクゴールドがあり、どちらにもダイヤモンドセッティングのモデルも揃っている。

「ケープコッド シェーヌ・ダンクル」は、文字盤にメゾンを代表するシルバーブレスレット「シェーヌ・ダンクル」をモチーフとしてフィーチャーする、大胆なデザイン。黒のラッカー仕上げ文字盤ではアヴェンチュリンとブラックスピネル、白文字盤はマザー・オブ・パールとダイヤモンドで、それぞれ贅沢なチェーンを描いている。

 

texte:KOICHI NAMIKI et JUN TOMINAGA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。