オメガ、エターナルに時を刻む星座という名のウォッチ。

いいモノ語り

時計とジュエリー、永遠のパートナーともなりうるこのふたつ。だからこそ、ブランドやそのモノの背景にあるストーリーに耳を傾けたい。いいモノこそ、いい物語があります。今回は、オメガの時計の話をお届けします。

file : 021 
OMEGA
Constellation Manhattan

201008-iimonokatari-vol21-OMEGA-01.jpg

「コンステレーション“マンハッタン”」(自動巻き、18Kセドナゴールド×ダイヤモンド×マザーオブパール、φ29mm)¥1,133,000/オメガ(オメガお客様センター)

星座を意味する「コンステレーション」は、1952年にファーストモデルが発表されたロングセラー。オメガのエレガンスとクオリティを体現するコレクションで、文字盤には星がひとつ、シンボリックにきらめいている。

かつてスイスやイギリスの天文台では、機械式時計の精度を競う国際コンクールが行われていた。そこで何度も優勝を果たしたのがオメガ。天文台コンクールで打ち立てた輝かしい記録へのオマージュとして、「コンステレーション」はスタートしたのだった。

エレガントなルックと高度な機能をあわせ持つこのコレクションは、才色兼備のドレスウォッチとしてたちまち世界的にヒット。82年に発表された「コンステレーション “マンハッタン”」をきっかけに、デザインはよりモダンになり、洗練の度合いを増していった。ベゼルの両サイドに「爪」と呼ばれる独特のアクセントがプラスされたのも、この時代のことだ。

昨年冬に登場した「コンステレーション “マンハッタン”」の最新作では、ディテールが一段と進化。流行に左右されないタイムレスなスタイルはそのままに、シルエットがぐっとソフトになって、甘い優しさを香らせている。ブレスレットの着け心地もジュエリーのようにしなやかだ。

精度だけでなく、防水性や業界最高水準の耐磁性など、数々の優れた特徴をオメガは誇る。質の高さをどこまでも追求しているからこそ、目の肥えた人々は、このメゾンを選ぶのだ。

 

*「フィガロジャポン」2019年6月号より抜粋

●問い合わせ先:
オメガお客様センター
tel:03-5952-4400
www.omegawatches.jp/ja

>> 「いいモノ語り」一覧へ

photo : SHINMEI (SEPT), stylisme : YUUKA MARUYAMA (MAKIURA OFFICE), texte : KEIKO HOMMA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。