シャネル、アイコンウォッチ「J12」の魅力を改めて。

いいモノ語り

時計とジュエリー、永遠のパートナーともなりうるこのふたつ。だからこそ、ブランドやそのモノの背景にあるストーリーに耳を傾けたい。いいモノこそ、いい物語があります。今回は、シャネルの時計の話をお届けします。

file : 022 
CHANEL
J12

201008-iimonokatari-vol22-chanel-01.jpg

J12」(自動巻き、高耐性セラミック×ステンレススチール、φ38mm)¥704,000/シャネル(シャネル カスタマーケア)

シャネルのアイコン「J12」。その魅力をひもといてみよう。

まずはリュウズ。全体のシルエットになじむように、小さく女性らしい。ベゼルは外側に向かってわずかにカーブを描き、時計を薄く見せる効果を上げている。ブレスレットは薄くフィット感がよく、針も文字盤も洗練されて─なんと2019年に一度全体の70%以上が改良されたというから、本当に驚きだ。さらに中身はクオーツではなく、高精度の自動巻きムーブメントだ。

シャネルのアイコンは実は日々アップデートしている。
たとえば、香水「シャネル N°5」。そのボトルは1921年の発表から現在までに、ほんの少しずつディテールが変更され続けている。だが、誰もが抱くボトルのイメージは、いつの時代もそのままだ。

2000年に発表され、2019年にアップデートされた「J12」は、メゾンのフィロソフィがぎゅっと詰まった宝石のような存在。実際に手に取れば、新しさが肌にしっかりと伝わってくるはずだ。

*「フィガロジャポン」2019年7月号より抜粋

●問い合わせ先:
シャネル カスタマーケア
0120-525-519(フリーダイヤル)
www.chanel.com/ja_JP

>> 「いいモノ語り」一覧へ

photo : SHINMEI (SEPT), stylisme : YUUKA MARUYAMA (MAKIURA OFFICE), texte : KEIKO HOMMA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。