リシャール・ミル、スイートな時を刻む羨望のウォッチ。

いいモノ語り

時計とジュエリー、永遠のパートナーともなりうるこのふたつ。だからこそ、ブランドやそのモノの背景にあるストーリーに耳を傾けたい。いいモノこそ、いい物語があります。今回は、リシャール・ミルの時計の話をお届けします。

file : 025 
RICHARD MILLE
BONBON COLLECTION

201008-iimonokatari-vol25-RICHARDMILLE-01.jpg

「リシャール・ミル ボンボン コレクション」より「RM 37-01 オートマティック スリーズ(チェリー)」 参考商品/リシャール・ミル(リシャールミルジャパン)

トップアスリートからレーシングドライバー、ハリウッドスターまで夢中のスーパーラグジュアリーブランド、リシャール・ミル。超絶技巧を凝らしたこのメゾンのメカニカルウォッチは、ほんのわずかな数しか作られないため、セレブリティたちにとってさえ垂涎の的。そんななか、ビリオネアな女性たちをターゲットにした「リシャール・ミル ボンボン コレクション」に注目。スイーツとフルーツをモチーフにした個性豊かな時計だ。

メカが透けて見える文字盤にちりばめられたのは、色とりどりのロリポップ、グミ、オレンジやレモン。これらのミニチュアは、手彩色のアクリルとラッカーで仕上げられている。砂糖をまぶしたように見えるのは、細かな砂とクラッシュエナメル。ツイストロリポップを思わせるリュウズの形もまた個性的だ。さらに時計の側面は、チェリーをイメージしたディープレッド。こだわりの結晶のようなディテールには、ため息しか出ない。

このカラフルな時計を手に持ってみると、驚くほど軽い。新開発の特殊ハイテク素材を採用しているから、軽く、美しく、耐久性にも優れているという。「身に着けるF1マシン」と呼ぶ人もいるほど、リシャール・ミルのウォッチは精密かつハイパフォーマンスだ。

大胆さとモダンさ、そして遊び心のグラマラスなミクスチャー。超高級メカニカルウォッチは、もう男性たちだけのものではないのだ。

*「フィガロジャポン」2019年10月号より抜粋

●問い合わせ先:
リシャールミルジャパン
tel:03-5515-1555
www.richardmille.com/ja

>> 「いいモノ語り」一覧へ

photo : SHINMEI (SEPT), stylisme : YUUKA MARUYAMA (MAKIURA OFFICE), texte : KEIKO HOMMA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。