Le cercle Chanel

ギリシャの息吹が宿る、シャネルのクルーズコレクション。

Le cercle Chanel

5月の初め、パリのグラン パレの上階にあるギャラリー クールブで発表されたシャネルの2017/18年 クルーズコレクション。今回、カール・ラガーフェルドは“文化の起源”を出発点とし、古代ギリシャにクリエイションのヒントを求めた。「古代、そして古典古代のギリシャにおける美の基準は、いまの時代にも当てはまります。あれほど女性が美しく表現された時代はないでしょう」と、カール。もっとも「リアリティには興味はありません。自分の気に入ったものを使うだけ。私の考えるギリシャとは概念のひとつにすぎません」と語る。

170517_chanel_01.jpg170517_chanel_02.jpg

左:Look 1 右:Look 58 ©CHANEL

170517_chanel_03.jpg170517_chanel_04.jpg

左:Look 65 右:Look 85 ©CHANEL

Karl Lagerfeld's Interview - Cruise 2017/18 CHANEL show

古代ギリシャを想起させるコードが、カールによってシャネルらしくアレンジされた最新作の数々。まるでギリシャ神話に登場する女神のような雰囲気を漂わせたモデルたちが纏うのは、ツイードとジャージ、シルクとリネン、そしてレースとクレープなどテクスチャーの違った素材を組み合わせた軽やかなコレクション。しなやかなドレープは流れるようなラインがモダンかつエレガントなシルエットを描き出す。また、月桂樹の枝からなるダブルCのプリントや古代の水瓶に施された装飾やフレスコ画の帯状装飾を模したモチーフのニットウエアなど、神話のエッセンスを取り入れたアイテムも目を引く。「古代史を彩る要素を、歴史の授業で学んだままではなく、ひねりを加えて、より軽やかにモードに落とし込みました。シャネルらしさもありながら、かつてマドモアゼル・シャネルが創造していないものに仕上がったと思います」

170517_chanel_05.jpgフィナーレより。 ©CHANEL

170517_chanel_06.jpgフィナーレより。古代ギリシャからのインスピレーションを最新コレクションに昇華させたカール・ラガーフェルド。 ©CHANEL

新作のアクセサリーにも古代ギリシャのエレメントがふんだんに散りばめられている。足元には、柱状のヒールが特徴的なグラディエーターサンダル。そして、月桂冠のヘッドアクサセリーや首や腕に絡まるゴールドのブレスレット、カフもコーディネートのアクセントに。神話の世界では、知恵の象徴とされるフクロウのモチーフを飾ったバッグやマーブルレザーを使った“ガブリエル ドゥ シャネル”の最新作など、ディテールにいたるまで、カールが解釈する古代ギリシャのエッセンスが詰まったアイテムをチェックしたい。

Accessories from the Cruise 2017/18 CHANEL show

texte : TOMOKO KAWAKAMI, graphisme du titre : KAORU MASUI ( [tsukuru] )

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。