今晩食べたい!「我が家のおすすめ鍋レシピ」 #1

HIGUCCINIさん家の、ラム肉を使った鍋レシピ。

特集

ラム肉とマッシュルームのあつあつタジン鍋

寒い季節に恋しくなる食べ物といえば、やっぱり「お鍋」。みんなでワイワイいただくのはもちろん、ひとりのときにもほっこりと楽しめる食事のひとつ。そこで今回、人気料理家の方5名に依頼して、ご自宅で食べているとっておきの「鍋レシピ」をご紹介いただきました。それぞれの鍋レシピと、鍋ストーリーを連載でご紹介していきます。
ひとりめは、インスタグラム(@higuccini)も大人気の料理家樋口正樹さんよりスパイスの効いた鍋レシピをご紹介。

161214-naberecipe.jpg

旅に出た気分になれる、ラム肉とマッシュルームのトマト鍋

「チリパウダーとトマトで辛味と酸味を効かせ、濃厚な味と色合いが印象的な我が家の人気鍋。
僅かな具材ですが、タジン鍋に重ねて蒸し煮にすることで美味しい旨味の融合が生まれます。
甘口の白ワインを合わせるのがおすすめ。鍋にはひと鍋ひと鍋に個性を持たせたいので、メインの具材が引き立つ味付けや、色の演出を心がけ、どこか旅にでも出た気分を感じることができたらと、妄想して作ることが多いです」(樋口正樹さん)

【材料】 2人分
・ラム肉(薄切り)・・・240g
・マッシュルーム(ブラウン)・・・20粒
・ニンニク ・・・ 2片
・レモン ・・・1個
・トマト水煮(カット) ・・・200g
・オリーブオイル ・・・大さじ2
・塩 ・・・小さじ1/2
・オレガノ(乾燥) ・・・小さじ1

[A]※混ぜ合わせておく
・チリパウダー ・・・大さじ1
・塩 ・・・小さじ1/2
・黒胡椒 ・・・小さじ1/2

【作り方】
1.マッシュルームは5mm幅の薄切りにする。ニンニクはみじん切りにする。レモンはくし切りにする。

2.タジン鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れ弱火で炒める、香りが出たらトマトの水煮と塩とオレガノを加えて弱火で5分ほど煮込む。

3.②に、マッシュルーム、ラム肉、Aの順で4回に分けて重ねて山積みし、蓋をして、10分ほど蒸し煮にする。

4.全体に火が通ったら、煮汁をまわしかけ、お好みでレモンを絞っていただく。

★ポイント
ラム、マッシュルーム、トマトの旨味を引き立たせるために、スパイスやレモンはしっかり効かせること。

 

プロフィール
樋口正樹/料理家
美大を卒業後、IT企業でデザインに従事。2008年より料理ブログを始め、独学で料理にのめり込む。11年に「kitchen studioHIGUCCINI」を設立し料理研究家として活動開始。書籍『野菜のだしで作る12ヶ月レシピ』(旭屋出版刊)、『EVERYDAY Sweets 毎日食べたい、作りたい スイーツレシピ100』(グラフィック社刊)など。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。