心ときめく、春色スイーツを召し上がれ。

TOKYOパリジェンヌのスイーツみやげ

春爛漫。スプリングコートを肩に足取りも軽く、グランピングやピクニックの計画で気分もブルーミング。ふわりとやわらかな季節を盛り上げてくれるのは、この時期限定で味わえる春色のスイーツたち。テラスでのお茶会や公園での持ち寄りスイーツパーティなど、カジュアルなギャザリングにもぴたりとはまりそう。見た目も味わいもチャーミングな手みやげをご紹介。

170307_sweets-01.jpg

毎年、この季節だけの限定品としてファンが待ちわびる「桜の道明寺羹」。¥1,944 (4月下旬までの限定販売)

満開の桜に見立てた、麗しき和菓子。

日本古来の伝統が息づく和菓子の世界を、モダンな解釈で提案する「HIGASHIYA GINZA」に、今年も春恒例の和菓子「桜の道明寺羹」がお目見え。もっちりと独特な食感の生地に、桜の花と葉が儚げに散りばめられる。選りすぐってたどりついたという静岡県大島桜の青々とした葉の香りと食感をアクセントに、目でも舌でも春を感じさせてくれる美しき一品。桜の花びらをモチーフにしたパッケージも、春色気分を盛り立ててくれそう。

HIGASHIYA GINZA|ヒガシヤギンザ
東京都中央区銀座1-7-7
ポーラ銀座ビル2F
tel: 03-3538-3230(売店) 03-3538-3240(茶房)
営)11:00~19:00(茶房 ~22:00、L.O.21:00 日・祝日は ~19:00、L.O.18:00)
休)月(祝日の場合は営業、翌火曜休)
www.higashiya.com

>> 次のページでは、花が咲き蝶が舞う、春の庭を表現したガトーを紹介。

---page---

170307_sweets_03.jpg

左から時計回りに:“土”の下にはチョコレートムース、柑橘類とレモングラスのコンポートを忍ばせた「Pousse -新芽-」¥648(販売期間4/16まで)、タルト生地の上でみずみずしいベリーとキウイ&ミントのクリームを合わせた「Herbe -草木-」、カモミールのムースの中からレモンコンポートとハチミツのブリュレが展開するボール型のガトー「Fleur -花-」各¥627(販売期間4/17〜5/31)

芽吹き、花咲く、春の庭を愛でながら。

「Jardin(仏語で“庭園”の意)」をテーマに、春のイメージをスタイリッシュに表現したプティガトーシリーズが「ハイアット リージェンシー 東京」ペストリーショップロビーフロア・2Fに登場。たとえば、「Pousse -新芽-」は土に見立てたケークショコラのクランブルにミントの葉で柔らかな春の土と新芽を、「Fleur -花-」はフリーズドライのビオラの花とホワイトチョコレートの蝶で花畑の風景をそれぞれ表現。他に「Herbe -草木-」「Bourgeon Fleur -つぼみ-」を合わせた全4種を展開しながら、目でも舌でもうららかな春を体感させてくれる。軽やかに瑞々しく、ガーデンパーティやティーギャザリングに華を添えてくれそう。

HYATT REGENCY TOKYO|ハイアット リージェンシー 東京 
東京都新宿区西新宿2-7-2 ロビーフロア・2F「ペストリーショップ」
tel:03-3348-1234(代表)
営)10:00〜21:00
http://tokyo.regency.hyatt.jp

>>次のページでは、春にぴったりの焼き菓子を紹介。

---page---

170307_sweets-02.jpg

12cm四方、高さ4.5cmの缶の中に、選びぬいた10種類の焼き菓子をぎゅっと詰め合わせ。クッキー缶¥2,480、サクサクと軽い口どけ感があとをひく「さくらのメレンゲ」¥280

甘さ控えめの焼き菓子を、ギャザリングのおともに。

素朴でやさしい風味のパティスリーが人気の代々木公園「Afterhours」。春先になると店頭に登場する「さくらのメレンゲ」は、サクサクッと軽い食感があとをひく季節限定の人気商品。桜モチーフの可憐なメレンゲは、乾燥させて生地に練り込んだ桜の塩漬けから漂う花の香りや、すっと軽い口どけ感とともに“春”を満喫させてくれる。先月登場したばかりの「クッキー缶」は、風味も食感もバリエーション豊かな10種類の焼き菓子の詰め合わせ。いずれも甘さ控えめなレシピゆえに、ワインとも相性バツグン。食べ始めると手が止まらなくなりそう。

Afterhours|アフターアワーズ
東京都渋谷区富ヶ谷1-7-9
tel:03-3481-5507
営)12:00~17:00
休)日、月
イートイン可(4席)
http://forafterhours.jp

photos:MINO INOUE, texte:AKARI MATSUURA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。