いぬパリ

ヴェルサイユ宮殿と、宇宙から来たシーズー犬

いぬパリ

01-panda-161026.jpg

こんにちは、吉田パンダです。最近、宇宙っぽいものが好きです←いきなり。いや、昔からそういうものが好きだったんだけど。TVにかじりついてウルトラマンを視聴していた幼少の砌から、そうだったにちがいない。具体的に宇宙っぽいものって何かというと、光の体験だったり、人智を超えたスケールだったり、幾何学的なパターンだったり、いろいろなんですが、この間ヴェルサイユ宮殿にオラファー・エリアソン展を見に行った時も、やたらと宇宙を感じました(←何の説明にもなってない)。

02-panda-161026.jpg

鏡の回廊の奥に設置された、オラファー・エリアソンの作品。

03-panda-161026.jpg

うむ。あきらかにこれは、異次元へ飛ぶワープ装置だな、、、。

作品タイトルは「Your sense of unity」。

04-panda-161026.jpg

「Deep Mirror」

これは向かい側に同じサイズの黒い穴(に見えるもの)があり、光と影を象徴しているようにも、太陽とブラックホールにも見えました。

05-panda-161026.jpg

そしていつもの回廊、、、

06-panda-161026.jpg

いつもの庭園、、、なのですが、何だかミステリーサークルにも見えてきます(笑)。

07-panda-161026.jpg

庭園には水をテーマにした作品がいくつか配置されていました。

中でも目立つのは大運河に設置された巨大な滝。ヴェルサイユに突然、聖なる瀑布が出現!!といった趣です。

08-panda-161026.jpg

そしてこちらが、空飛ぶ不思議な自転車に乗せられたミニチュア・チューバッカ、、ではなくて、

お散歩中の親子のお二人と、シーズー犬のドリー。

09-panda-161026.jpg

ピンクのタオル号がアタシのお気に入り、とドヤ顔ドリー。

10-panda-161026.jpg

「こう見えても、ブラジル生まれなのよ」

奥さんがブラジル出身で、ドリーを連れてフランスに来たそうです。ヴェルサイユの森がお散歩コースなんて、いいですね。

11-panda-161026.jpg

ちなみにこの秋、ヴェルサイユ宮殿監修のマリー・アントワネット展が、東京は森アーツセンターギャラリーで開催されます。

展覧会に関連して、僕も某出版社から刊行される、マリー・アントワネットのムック本を撮影しました。

ご興味のある方は足を運んでみてください。

www.ntv.co.jp/marie/

いつも何か新しいヴェルサイユ宮殿からでした。次回の更新もどうぞお楽しみに。

吉田パンダ Panda Yoshida
フォトグラファー

世界の犬とおいしいものを、こよなく愛するフォトグラファー。スタジオ勤務を経て、2000年よりパリに拠点を移す。愛犬は黒いトイプードル。雑誌・広告媒体では吉田タイスケとして、旅、ライフスタイルを中心に幅広く活動。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。