Blog

  • HOME
  • BLOG
  • パリ街歩き、おいしい寄り道。
パリ街歩き、おいしい寄り道。

パリ郊外のブロカント市と、ステック・フリット。

01-akikokawamura-170314.jpg

02-akikokawamura-170314.jpg

03-akikokawamura-170314.jpg

04-akikokawamura-170314.jpg

05-akikokawamura-170314.jpg

06-akikokawamura-170314.jpg


凱旋門から郊外線RER Aで10分ほどで着く
Rueil Malmaisonで、3月19日まで開催の
大規模なブロカント・アンティーク市
Foire de Chatou”に行ってきた。
入場料6ユーロを払って、会場に入ると、
ずらーっとスタンドが並んでいる。
そんなに買うつもりはなくて行ったのに、
状態のよいものがたくさんあり、予想外に
買ってしまった。
1900年頃のクリスタルのグラス、
1860年頃のジアンのクルーズ皿、
1940年頃のサルグミンヌのお皿、
などなど、大収穫。(収穫物はこちら
会場内は飲食のスタンドも充実しており、
途中あまりにおなかが空いて、
鴨のコンフィを崩して具にしたサンドイッチで
腹ごしらえをした。


本当は、お昼過ぎには切り上げて、
メトロ1番線フランクリン D. ルーズベルト駅
から徒歩3分ほどのところにあるサヴィ
ステーキを食べに行くつもりだったのだ。
でもチェックしたいスタンドがありすぎて
とても間に合わなかった。
そこで、ディナーに行くことにした。
骨髄が食べたかった友人はアントルコートを、
私は仔牛のレバーを注文。
このお店のフライドポテトは、とても細い。
冷めてもおいしくて、塩味の芋けんぴのような、
食べだしたら止まらないものだ。

とーっても充実した1日だった。問題は……
買ったものをどこにしまうんだ?
収納場所を作らなくちゃー。

08-akikokawamura-170314.jpg

川村明子

フードライター
1998年3月渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリにて料理・製菓コースを修了。
台所に立つ時間がとても大事で、大切な人たちと食卓を囲むことをこよなく愛する。オペラ座でのバレエ鑑賞、朝の光とマルシェ、黄昏時にセーヌ川の橋から眺める風景、夜の灯りetc.。パリの魅力的な日常を、日々満喫。
Instagram:@mlleakiko、朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」も随時更新中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。