Blog

Editor's Blog

撮影舞台裏 〜台湾ロケ〜

こんにちは、編集MSです。
現在発売中の2月号に掲載しているクロムハーツさんのファッションタイアップで、先日台湾ロケに行ってきました!

170113-editorsblog-01.jpg

©National Taichung Theater

ロケ場所は台北から車で約2時間南下した台中という都市にある「台中国家歌劇院」。
現代建築の巨匠・伊東豊雄さんが設計したこちらのオペラハウスは、
流線美が印象的な世界規模の大劇場。

170113-editorsblog-2583.jpg

1Fのエントランススペース 

 外観に圧倒されつつ中に入ると、天井が高く広々とした空間が。
モダンな洞窟みたいです。

170113-editorsblog-2562.jpg

エントランススペースから続くカフェとギャラリーショップを発見。
夜でも明るく開放的です。

170113-editorsblog-2566.jpg

ギャラリーショップのスタッフが身に着けているエプロンが可愛いかったです!
レジ横に並んでいるお土産もおしゃれ。

170113-editorsblog-2573.jpg

ギャラリーショップの隣にはブックコーナー。
日本をはじめ海外の雑誌などが自由に閲覧できる寛ぎスペースまで完備されていました。

170113-editorsblog-2570.jpg

そして撮影の舞台裏。

170113-editorsblog-2548.jpg

空洞になっている不思議なテラス。
台中の街並みを一望できます。

モデルさんには、テラスの端ギリギリに立ってもらい撮影。
ガラスはあるものの、高所恐怖症の子だったら大変だったかも?

170113-editorsblog-2559.jpg

屋上のスカイガーデンでも撮影。
劇場の一部というよりもはや現代的な公園!
緑もあって、みんなの憩いの場になっているようでした。
陽が落ちたら落ちたで、夜景がきれいだろうな~という景色。

170113-editorsblog-2552.jpg

こちらはカメラを真剣に構えるフォトグラファーの荒井俊哉さん。
この日は28度くらいあり、11月なのにかなり蒸し暑い日でした。
秋冬アイテムの撮影なので、タートルネックニットもあり、
モデルさんはさぞ暑かったと思います……。
それでも汗ひとつ見せずポーズを撮る彼女たち。本当にすごいです。

現地に到着したのが午後だったので、日没前に何カットか撮らねば!と
猛スピードでの撮影でしたが、敏腕スタッフのみなさまのおかげさまで無事終了。
撮影後はいそいそと退散しましたが、3月には芸術祭もあるみたいなので、
今度はゆっくりプライベートで訪れてみたいです。

肝心の写真がどんな仕上がりになったかは、
最新号(2月号)のP158~をぜひ見てみてください!

台中国家歌劇院

台中市西屯区恵来路二段101号 tel:886-(0)4-2251-1777
営)11時30分~21時(月~木、日)、11時30分~22時(金、土、祝) 無休
http://jp.npac-ntt.org

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年2月号 No.488

      あらためまして、ニッポン 和っていいな。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。